2017年6月21日 更新

西洋のおしゃれな一戸建て風オフィス!株式会社シフトブレインに行ってきました!

外苑前駅から徒歩約3分!株式会社シフトブレインのオフィスに取材に行ってきました!このオフィス、ただオシャレなだけじゃないんです!

オフィスづくりのテーマは?

オフィスづくりにおいて考えたことは、主に3つあります。

1つ目は、多様な、「新しい働き方」の実験ができる場所であること。
シフトブレインでは会社の方向性として、個人個人が場所にあまり依存しない「新しい働き方」を模索しています。
例えば今年設立したロッテルダム支店と東京間のリモートワークやオフィス内にデスクシェアスペースなど、時代の動きに合わせて多様な働き方を追求したいと思っています。

2つ目は、多様なコミュニケーションを追求できること。
多様な働き方に基づき、コミュニケーションのスタイルも多様化していきます。
ひとりで集中するスタイル、2人で深くブレストするスタイル、リラックスして会話できるスタイル、多人数で楽しいスタイルなど、場所に合わせた様々なコミュニケーションスタイルをオフィスで実現したいと思っています。

3つ目は、クリエイティビティを感じられるオフィスであること。
シフトブレインはWebプロダクションであり、私たちにとってクリエイティブはどうしても外せない要素です。
ものをつくるときだけではなく、オフィスにいるだけで、あらゆる場所・環境からクリエイティビティを感じられる。それが大事だと思っています。

オフィスづくりでこだわった点は?

それぞれの空間が、統一して明かりをつけなくても、十分に明るい空間になる様にし、健康的かつ前向きな気持ちで働けるオフィスにしました。

デザインやインテリアなどは、弊社のデザイナーもこだわりを持ってデザイン会社と一緒に取り組んでくれました。

また、いい機会なのでオフィス移転に合わせ、会社自体のリブランディングをすることに決め、企業CIから名刺、Webサイトまで、全てをリニューアルしました。

移転してからの変化はありますか?

いい意味でとてもリラックスして働けるオフィスになったと思います。

以前のオフィスはワンフロアで、スタッフの顔が常に見える状態だったので、コミュニケーションも取りやすかったですが、3フロアになった今、なかなかそうはいきません。
そこで2ヶ月に1回、みんなで集まる「chillout party」というパーティーを開催し、意図的にコミュニケーションをとれる場を作りました。
そうすることで、コミュニケーションの場が新たに生まれ、テーマのひとつである「多様なコミュニケーションのかたち」を実現することができたと思います。

移転後一年が経ち、オフィスの中でいろいろな仕組みをつくることで働き方が変わることが実感できたので、これからも多様な、「新しい働き方」の実験を行っていきたいと思います。

ありがとうございました!

52 件

このまとめのキュレーター

西洋のおしゃれな一戸建て風オフィス!株式会社シフトブレインに行ってきました! sato