2015年2月18日 更新

❤︎職場でのホワイトデー指南書❤︎

先日のバレンタインデーに会社の女性社員から義理チョコを受け取った方は今からお返しの品に迷っているのではないでしょうか? そこでホワイトデーに関する雑学を織り込みつつ、お返しの物をご紹介します!

そもそもホワイトデーとは?

日本でバレンタインデーが定着するに従って、菓子業界でそれにお返しをする日を作ってはどうかという案が出された。これを受けた菓子業界では、昭和40年代に入って以降、個々に独自の日を定め、ビスケットやマシュマロ、キャンディ等を「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになった。
日本におけるホワイトデーの元祖については諸説あり、ホワイトデーの時期になると各陣がそれぞれが元祖だと広報している。
近年ではデパートなどで食品以外の贈り物などの販売促進も行われており、菓子業界では駅やデパートでの手焼きクッキーなどの販売も売り上げを伸ばしている。

お返しにはメッセージが含まれている!

例えば、一般的なお返しのビスケットには
“友達のままでいましょう”
という意味が含まれていて

キャンディーには
“あなたが好きです”
といったメッセージが含まれているのです!

真逆の意味があるお返しも…

マシュマロ

これを贈ると
“あなたのことが嫌いです”
という意味になってしまうのです!
これを見たら滅多にマシュマロを贈ることはなくなりそうですね 笑

番外編

ホワイトチョコ
→純白の愛

となると…

同僚にあげるのはビスケットが固そうですね…笑

そこで、オススメのビスケットを値段別に紹介していきたいと思います!!

〜 100円

セブンイレブン

セブンイレブン

プレーンビスケット
ファミリーマート

ファミリーマート

ミニバタークッキー

100円 〜 500円

Arnott's

Arnott's

TimTam
33 件

このまとめのキーワード

このまとめのキュレーター

❤︎職場でのホワイトデー指南書❤︎ 古源哲太