2017年3月13日 更新

メインの円卓会議室の全貌を公開!岡山のベクトルグループが新たに東京オフィスを設立しました!

赤羽橋駅から徒歩5分!岡山に本社を置くベクトルグループが、企業価値・事業の拡大を目指し、アクセス良好なダイバーシティ「三田」にオフィスを構えたとのことで、早速取材に行ってきました!

ランウェイを作った理由は?

オフィスに訪れる人全てが主役で、主役として常に考えてアクションしてほしいという想いがあるからです。

自分がどれだけ存在価値のあるオンリーワンになれるか、その最終結果は自分が行動した結果でしかなく、どれだけ自問するかで、アウトプットはどんどん変わっていくので、常に考えてアクションしなければいけないと思っています。

オフィスづくりで大切にした点は?

人が集まれる空間にすることです。
もちろん外部の方々も歓迎です。

そのため、コンセントの差し込み口をいたるところ設け、居心地がいいようにソファーを置いたり、様々な方と交流できるようにとDJブースなども設置しています。

人が集まることで、グループ間でシナジーを創出したり、様々な人々とアライアンスを組むきっかけになればいいと思っています。

イメージとしては映画「ソーシャルネットワーク」のような、様々な人が行き交う開放的な場所でプログラミングなどを行い、人との出会いで新たなインスピレーションを受けるといった感じですね。

オフィスづくりで苦労した点は?

当初の計画だと予算が大幅にオーバーしてしまうことが分かり、限られた予算の中でより良いオフィスに仕上げることに苦労しました。

そこで、最初から理想のオフィスを作るのではなく、スタートアップはスタートアップらしく等身大にあったキャッシュフロー形式をしっかりと取り、グループや人材の成長とともにオフィスを進化させることにしました。

まとめ

いかがでしたか?

このベクトルグループの東京オフィス最大の特徴は、なんといってもオフィス中央の円卓会議室。
写真だけでは伝わらない何か引き込まれそうな魅力があるので、一度オフィスを訪問してみてはいかがでしょうか?
また、そこで様々な人と交流することで、新しい発見があるかもしれません。


今回は予算の都合で等身大にあったオフィスにされたとのことですが、ここからさらに進化していくと思うと、今からとても楽しみですね!
53 件

このまとめのキュレーター

メインの円卓会議室の全貌を公開!岡山のベクトルグループが新たに東京オフィスを設立しました! sato