2016年2月17日 更新

和すれてない?一流旅館・ホテルの宿泊予約サイトreluxを運営するロコパートナーズの和モダンオフィス

“和”と“村”をテーマにしたオフィスに入居するのは、プロが厳選した一流旅館・ホテルの宿泊予約サイトreluxなどを運営する株式会社ロコパートナーズさん。 新橋駅から徒歩6分、新橋菊栄ビルへ行ってきました!

ロコパートナーズ

エントランス

 (12272)

木のぬくもりを感じるエントランス!
流行りの和風モダンというやつでしょうか。
 (12274)

オフィスで見ることは稀な鎧張り!
下の板へ被せるように板を張っていく張り方です。
これで一気に和テイストが引き上がります。

ラウンジスペース

 (12277)

入るといきなりラウンジ!
社員さんの間では「パーク」という風に呼ばれているみたいです。
 (12279)

壁一面のこのアートには
松は、「緑を保つ(たまつ)」という由来がある。
また、常緑樹であることから不老長寿の象徴でもある。
「お客さま」「宿泊施設さま」「Loco Partners社」
この三者の良縁がいつまでも保たれるように、
そして《relux》の永遠の成長と発展を願い、
ETERNAL PINEというグラフィックデザインに昇華させた。
配色は日本の伝統食(水浅葱、紅梅色、孔雀緑など)を用い、
人や地域や機会の多様性を表現した。
という意味が込められているとのこと。
.

ワークスペース

 (12285)

仕切りが全くないワークスペース。
コミュニケーション等を考慮した席の配置にはこだわりがあり、中央にエンジニア、左に営業、右に経営やマーケティングのメンバーが座っているとのことでした。

集中ブース

 (12288)

ちょっと1人になりたいときは窓際で!

ミーティングルーム

 (12291)

 (12292)

 (12293)

 (12294)

ミーティングルームは全3室。
1867の外観は、完全に旅館や古民家のそれです。

ちなみに《1867》や《1192》というルーム名は、日本史で主に政の動きが大きかった年で、時代の変革に打ち勝つという意味で名付けられたとのこと。

お話を伺いました!

 (12297)

インタビューにご協力いただいたのはロコパートナーズが運営する、一流旅館・ホテルの宿泊予約サイト「relux」編集長の佐藤さんです!
49 件

このまとめのキーワード

このまとめのキュレーター

和すれてない?一流旅館・ホテルの宿泊予約サイトreluxを運営するロコパートナーズの和モダンオフィス 古源哲太