2015年1月19日 更新

「なるほど!」広告デザインの歴史と看板の紙一重の関係性

看板には歴史があります。企業看板や宣伝。宣伝については現代はインターネットとTVCMに。当初はどれだけ目に止めるような工夫があったのでしょうか?

江戸時代の看板

http://systec.exblog.jp/12239045/ (1797)

”きせる屋”の看板。よく見入ると作られているというより木に描かれているもの。
道路にはスタンド看板が置かれていますが、和紙貼りで夜は灯りができるデザインになっていますね。
http://systec.exblog.jp/12239045/ (1798)

http://news.livedoor.com/article/detail/8367725/ (1799)

実写版で再現。

描かれていたものから彫刻に変化しておりますね!
http://news.livedoor.com/article/detail/8367725/ (1800)

明治時代 薬局の看板

http://okuromieai.blog24.fc2.com/blog-entry-792.html (1802)

昭和の看板

http://blogs.yahoo.co.jp/naohiro064/folder/376454.html (1806)

当時は鉄製で総重量がかなり重いので、取り付ける際は釘でしっかりと打ち付けないとキケンだったそうです。土壁も今では懐かしいですね 現代のインターネット広告と同じ役割の町中の看板だったと思います
歴史感じる看板 - コミュニティ - Google+ (2068)

おもしろ看板

歴史感じる看板 - コミュニティ - Google+ (2070)

くしや
移ろいゆく道頓堀「グリコ看板」 (2071)

大阪グリコ看板の歴史
http://yaplog.jp/sapporo_101/archive/340 (2076)

路上にある広告看板
http://www.e-ara.jp/cathand/list-8611-14201-0-0.html (2077)

下駄屋
http://www.e-ara.jp/cathand/list-8611-14201-0-0.html (2078)

タバコ屋
18 件

このまとめのキーワード

このまとめのキュレーター

「なるほど!」広告デザインの歴史と看板の紙一重の関係性 moffice