「Buy」と「Sell」をテクノロジーで繋ぐ!株式会社バイセルテクノロジーズの東京本社をご紹介!!

本社のすぐ近くには新宿御苑。気持ちよく働ける環境が整っている、バイセルテクノロジーズのオフィスに行ってきました!

2017.5.15
BY sato

株式会社バイセルテクノロジーズ

今回は6、8、9階と3フロアあります!

6Fエントランス

 (15863)

シンプルでとてもスタイリッシュ!

入った瞬間から何かいい匂いが、、、?
 (15865)

カウンターの裏にアロマディフューザーが!

匂いにこだわっている社長の意向だそうです。
 (15867)

そしてこちらがウェイティングスペース。

とても広々としていて、明るすぎず落ち着いた雰囲気になっています。
 (15869)

 (15870)

オフィス内にある家具はすべて社長によって厳選されたものになっています!
 (15872)

壁には企業理念が記されています。

こういったところもかなりクール!

6F会議室

6階の会議室は全部で4部屋あります。
 (15881)

 (15882)

このフロアの会議室の名前はそれぞれ「大自然」にちなんだ名前が付けられています。
他には「wind」と「sun」があります。

そして最強に便利な予約、利用状況が一目でわかるモニター付きです!
使用中だと赤色になるのもかなりわかりやすいですね。
 (15884)

 (15885)

中はこんな感じになっています!

シンプルですが洗練されている印象を受けます。
.

6F執務スペース

 (15888)

入ってまず目に付いたのがこちら!
 (15890)

CMやテレビの取材などで来社していただいた芸能人の方のサインです。

そしてその奥が実際に業務をしているスペース。
.
 (15892)

 (15893)

シックな色あいの中に明るい木目のデスクが柔らかい雰囲気にしてくれています。

8Fエントランス

 (15896)

白を基調としていて、とても明るい雰囲気になっています。

こちらのフロアも良い匂いがしますが、あえて6Fとは別の匂いにしているそう!
 (15898)

左右に会議室が配置されています。

8F会議室

このフロアは「トランプ」がコンセプトになっていて、
 (15902)

 (15903)

このように会議室にはトランプのマークが付けられています。
 (15905)

.
 (15906)

中には選び抜かれたスタイリッシュな家具やアート。
 (15908)

照明ひとつとっても、見たこともないようなおしゃれさです(笑)

そしてこのフロアには、メインの「Trump」という会議室が有ります。
それがこちら!
 (15910)

 (15911)

 (15912)

一番広く、見栄えが良いため、テレビや雑誌の取材などではよくここが使われているそうです。

8F執務スペース

 (15915)

6Fとは少しテイストが異なりますね。

ワンポイントで水色のチェアーが綺麗に映えています!

9Fエントランス

 (15918)

9Fはコールセンターがあるフロアで、来客もないのでシンプルなつくりになっています。
.

コールセンター

 (15945)

コールセンターは、6、8階とはまったく様子が違い、とても活気あふれる空間でした。
まさに戦場と言った感じ。
 (15947)

 (15948)

そんなコールセンターの奥にはプレイルームという名の休憩スペースが完備されています。

暖色系でまとめられていて、十分リラックスできそうな空間になっていました。

お話を伺いました!

 (15952)

コールセンター事業部所属の森宮さんにご協力いただきました!
オフィスの中で好きな場所は、テレビもみられるプレイルームとのこと。

オフィス移転の理由は?

一番は事業拡大に伴う社員数の増加です。

他には、よりグレードが高く綺麗なオフィスに移転することで、セキュリティの強化、社員のモチベーションの向上、企業イメージの一新という狙いもあります。

オフィスのテーマやこだわりはありますか?

社長が新オフィスに込める想いが非常に強く、「社員を驚かせたい」「喜ばせたい」ということを考え、会社としても会社の成長を実感させること、社外的なイメージもより良い方向へ一新させていきたいということで進めていきました。

テーマとしては洗練されたクールでかっこいいイメージをもたせつつ、クリーンで明るい色調に。
また、長期間使用することを念頭に、流行に流されず飽きのこないデザインで、シンプルかつディティールにもこだわり、遊び心を感じる空間にしています。

自然と企業理念や行動指針等が社員に入っていくような工夫も、デザインの中で取り入れていきました。

見た目だけでなく、受付のiPad内線やセキュリティ、無線LANネットワーク、ICTなどの部分でもこだわって社員の使い勝手も考慮し、ディフューザーやアートなどのインテリアも設けて、来社していただくお客様にも気持ちよく過ごしていただけるような空間を目指しました。

オフィスづくりで苦労した点は?

400坪と今までより大きな規模のオフィスへと移転することに加え、計画・施工・移転までの期間が3ヶ月と非常に短い中で動かなければならなかったことです。

限られた時間の中で法規的な部分やビルの設備の制限等があり、何度かレイアウトもやり直しとなりました。
その中で社員やお客様が快適に過ごせる空間をつくるためにデザイン、素材、空間、ICT、什器、インテリアなどの打ち合わせを念入りに進めていきました。

また、コールセンタ設備が非常に複雑な部分もあり、移転の際は大変苦労しました。

オフィスづくりで大切にした点は?

期間的な大変さはありましたが、素材や仕様などに関しては一切妥協しないということです。

また、オフィスによるコンプライアンスや透明性の向上といった点も大切にしました。
具体的にはガラス張りの会議室を採用することで、いろんなお客様が通られる場所であれば、きちんとした形で、緊張感を持ってディスカッションができたり、来訪されるお客様にもコンプライアンスや透明性について感じていただけるようになっています。

移転してから変化はありますか?

オフィスが広々していて、デスクや椅子などの什器がデザイン性や機能性に優れているため、快適に仕事ができるようになりました。

また、おしゃれで解放感のある会議室のため、お客様との商談がやりやすく、オフィスの香りに感動してくれるお客様も多くいます。

ありがとうございました!

取材の依頼はこちらから!

株式会社アベンチャーズ
tel:03-3470-2770
mail:daichi@aventures.jp