バイオテクノロジーで、 昨日の不可能を今日可能にする!株式会社ユーグレナのオフィスに行ってきました!!

三田駅から徒歩約2分!藻の一種であるミドリムシ(学名:ユーグレナ)がそのまま社名になっている、株式会社ユーグレナの、多様な働き方を実現したオフィスに取材に行ってきました!

2018.6.26
BY sato

株式会社ユーグレナ

ユーグレナというミドリムシの学名がそのまま社名になっている会社ですが、いったいどんなオフィスになっているのでしょうか?

早速見ていきましょう!

来客ゾーン

 (19392)

 (19394)

オフィスに入るとまずそこはラボをイメージした来客ゾーンが広がっていました!
 (19395)

真ん中のデスクには顕微鏡が並べられていて、なんと覗くとユーグレナ社に関するマメ知識が見られるようになっています。
 (19397)

 (19399)

 (19400)

壁際にはユーグレナの会社概要や、事業の内容などについて説明したパネルや展示物がありました!
 (19401)

こちらにはミドリムシを使った製品などが、研究室っぽくディスプレイされています。
 (19543)

隣にあるこちらは、なんと日本初の遺伝子解析キット専用の自動販売機だそうです!

気になる方はアポをとって訪問してみてはいかがでしょうか?
 (19535)

これはいつでもキンキンに冷えた「ユーグレナの緑汁」が飲めるサーバーです!

コワーキングスペース

 (19407)

さらに奥へ行くとかなり広々したスペースが!
こちらのスペースでは、打ち合わせや社外のパートナーの方が作業できたりするようです。

天井の配管などもむき出しになっていて、無機質でとてもかっこいい仕上がりに。
 (19409)

そう言えば、上を見上げると照明がミドリムシカラーであるグリーンのフラスコになっていました!

ミーティングルーム

 (19412)

 (19413)

 (19414)

ミーティングルームは、コワーキングスペースの奥にまとめて配置されていて、大小様々な大きさがあります。

用途に応じて使い分けができるようになっていますが、椅子はグリーンで統一。
 (19477)

 (19478)

部屋の名前もまたユニークで、それぞれユーグレナの名前がつけられていました!

フォーカスルーム

 (19481)

このガラスの向こう側は、会話厳禁のフォーカスルームです!

撮影時に中で業務をしてる方がいたので撮れませんでしたが、中の様子の写真をいただきました。
 (19483)

席ごとに吸音素材でできた仕切りがあり、より一層集中できるようになっています!

ワークスペース

 (19486)

 (19487)

こちらがワークスペース!

天井を抜いてむき出しにすると無機質な空間になりがちですが、床に木材を使用することでクールな感じと温かみのある感じが混在する、程よいバランスの空間になっています!
 (19489)

壁際にはファミレスのような席もあり、少し集中したいときや、ちょっとした打ち合わせの時なんかに使えますね!
 (19491)

奥にはちょっとした講堂のようなスペースも!
 (19493)

カラフルな座布団がかわいい。
 (19495)

正面の白い壁はスクリーンにもホワイトボードにもなっており、思いついたアイディアをすぐに書き出し、議論するなんてこともできます!

カフェスペース

 (19500)

 (19499)

 (19501)

かなり明るく、開放感のあるカフェスペースになっています!

多様な働き方を実現するとともに、気分転換のためのちょっとした休息などに使えます!
 (19507)

こんな感じで働くのもアリ!
 (19503)

またここにはキッチンもあり、ユーグレナ入りのランチなどを社員の皆さんが自発的に調理し、提供しています!
 (19505)

食後の運動もここでできちゃいます(笑)

ゆーぐりん保育園

 (19511)

さらにこのオフィスの大きな特徴として、企業内保育園「ユーグリン保育園」があるんです!
 (19512)

専任の保育士の方が常にいるため、小さなお子さんがいる社員の方も安心して働く環境が整っています!
 (19514)

給食まであるようです!

お話を伺いました!

 (19545)

人事総務課/課長の芦田和佳さんにご協力いただきました!

オフィス移転の理由は?

物理的な理由は、仲間(社員)が増えてきて固定席や会議室が足りなくなってきたからです。

前回のオフィスから3倍くらいの広さになっていて、会議室以外にもちょっとした打ち合わせができるスペースなどを作ることもできました。

オフィス選びの条件は?

田町周辺に絞ってオフィスを探していました。

というのも、移転前もこの辺りでオフィスを構えていたので、ユーグレナで働く個人それぞれの、住むエリアや通勤ルートをなるべく変えずに、将来設計がしやすいようにという想いが強かったからです。

また、新幹線や飛行機を利用する際など、交通の便がいいことも理由の一つです。

オフィス選びで苦労した点は?

社内のコミュニケーションも考えて、ワークスペースはワンフロアでおさめたいと思っていたので、それなりの広さをもつオフィスがなかなか見つからなかったことです。

見つけたと思っても、実際に内見したら柱が多くて思ったより狭かったりしたので、結構たくさんのオフィスを見て回りました。

オフィスのテーマはありますか?

会社の行動指針である、「ユーグリズム」を反映させたオフィスにしたいと思っていました。
(下記参照)

「多様性を楽しむ」
自らの価値観にこだわらず、様々な価値観を受け入れ、多様性を楽しむ。

「ミドリムシ愛」
私たちのアイデンティティ。ミドリムシを愛し、ミドリムシの可能性を信じる。

「あ・た・ま」
いつでも「明るく楽しく前向きに」物事に臨む。

「地球を健康に」
地球環境の改善を目指す企業として、商品、活動は常に地球環境に配慮する。

「オーナーシップ」
ユーグレナ社は誰かの会社ではない。私たちの会社。自ら価値を創造し、価値を共有する。

「常に最新、常に一番」
「過去にない取り組み」「何かで一番」を常に考え、挑戦する。

「自己責任」
思い通りにならないときは、まず自分の責任と考えて考察する。人のせいにはしない。

「「今」に感謝する」
今が当たり前ではない。共に働く仲間や、当社を支えるステークホルダーに感謝の気持ちを持つ。

「チームシップを目指す」
仲間一人一人がお互いを理解・尊重する。そのために個人が成長し、必要なマナーを習得する。

「健康的に生きる」
人を健康にするために、健全な判断や思考で仕事をするために、自らが健康でいること。

オフィスづくりで大切にした点は?

一番は働きやすさを大切にしました。

場所にこだわらずに働けるコワーキングスペースや、ご飯も食べられて普通のワークスペースとは違った賑やかさのあるカフェスペース、思いっきり集中したいときに利用できるフォーカスルームなどを作り、多様な働き方ができるオフィスを実現しました。

オフィスづくりで苦労した点は?

来客ゾーンは「ラボ」をイメージし、ワークスペースは「アカデミア」をイメージしていて、そのイメージから具体的にどうするのかを考えることが大変でした。

アカデミアのイメージだったらカフェ欲しいよね、雑談しながら新しいアイディアが生まれるなら、ちょっとしたコミュニケーションの取れるスペースも欲しいよねといった感じで形にしていきました。

移転してからの変化はありますか?

フリーアドレスの席やカフェスペースなどを作ったことで、違う部署の人やグループ会社の人など、普段は話さないような人との交流がかなり増え、以前にも増して活気溢れる会社になったような気がします。

また、フリーアドレスだからこそモノはあまり置かず、資料なども紙ではなくデータで共有するなど、社内を綺麗に保つと同時にペーパーレス化も進みました。

ありがとうございました!

[入居ビル情報]
住所:東京都港区芝5-29-11
ビル名:G-BASE田町 2F,3F
基準階坪数:約227坪