2018年4月19日 更新

あなたとお店をつなぐ、スマホ決済。株式会社Origamiの透明感溢れるオフィス!

言わずと知れたハイグレードオフィスビル、六本木ヒルズに入居する、株式会社Origamiの新しいオフィスに取材に行ってきました!「未完成・発展性」がテーマのそのオフィスやいかに!

株式会社Origami

エントランス

 (18749)

白く広々した空間にコーポレートカラーの鮮やかなオレンジ色が映えています!
 (18751)

手前のベンチはロゴをかたどったもので、ぱっと見で、固そうな感じに思えましたが、柔らかく座りやすい素材になっていました!
 (18753)

こちらには最新の受付システムが3台。
来社時間というものは被りやすいですが、これなら問題ないですね!

Origami Kiosk

 (18757)

受付を通るとすぐに、「Origami Kiosk」と呼ばれるオレンジのフレームで囲まれたコンパクトなショップがあります。

Origamiが提供するスマホ決済サービス、Origami Payでこのオフィスに来た方のみオリジナルグッズが購入できちゃいます!

また、社員が1日をキャッシュレスで過ごせるようにドリンクやフードなども販売していて、社員にとっては憩いの場所にもなっているようです。
 (18759)

横にある小さな箱型の什器は、移転の際家具の付属品が入っていたボックスを、オシャレだったのでそのまま再利用しているそうです。

オープンスペース

 (18762)

こだわりの木のテーブルが並ぶオープンスペース。

来客の方が待機する場所であり、かつここで社員同士のカジュアルなミーティングが行われたり、フリーデスクとして使われたりもしています。

ミーティングルーム

 (18770)

 (18777)

 (18778)

ミーティングルームは、オープンスペースとワークスペースの間に位置しており、両側が窓のため、外からの光をオープンスペースまで遮ることなく届けるようになっています!
 (18775)

応接室は、ガラス張り!
 (18779)

本来の天井とミーティングルームの天井が離れていることが見てとれますが、これらのミーティングルームは本来工場や現場の事務所スペースなどで使われる、簡単に設置できるパーテーションシステムです!

「未完成・発展性」を表現し、今後のレイアウトを変更する際にも柔軟に対応することができます!

大きな部屋(オフィス)の中に、小さな部屋(ミーティングルーム)がいくつも入っているイメージだと分かりやすいかもしれません。

ワークスペース

現在の様子はセキュリティの関係上撮影できませんでしたが、代わりに移転したばかりの頃の写真をいただきました!
 (18783)

壁やパーテーションといった仕切りがほとんどなく、見通しの良い空間になっています。

執務スペースの先にはこんなスペースも!
59 件

このまとめのキュレーター

あなたとお店をつなぐ、スマホ決済。株式会社Origamiの透明感溢れるオフィス! sato