エンターテイメントで世界NO,1を目指すコロプラ!オフィスカルチャーからとんでもなかった!

恵比寿ガーデンプレイスの9階〜11階の3フロアを利用しているコロプラ。エントランスには巨大水槽を。本棚などは新卒社員がDIY!最後にインタビュー記事も掲載しております!

2015.4.23

エンターテイメントを徹底したオフィス!

 (5796)

今回、お忙しい中お時間を作って頂いたのは広報の斉藤 久良良さん!
コロプラカルチャーを交えたオフィスの事や、内装の秘密、移転に関する事についても教えて頂きました。
早速オフィスツアーにでかけましょう♪

エンターテイメントはエントランスから!

 (5937)

 (5857)

 (5790)

コロプラの代表キャラクターであるクマと、「白猫プロジェクト」でおなじみのキャトラが
お迎えをしてくれました♪
キャトラの上品で綺麗なブルーアイはいつ見ても可愛いです❤︎

自社開発!27Kディスプレイ水族館

 (5753)

ジンベイザメや亀と一緒にダイバー姿のクマさんが現れます♪
 (5754)

 (5792)

コロプラチームの映像が流れています♪
近くに行けば行くほど美しい映像。
見れば見るほど、感動と共に引き込まれる27Kディスプレイです!

クマさんは色々な所に登場しています!!

 (5843)

 (5858)

クマさんは27Kディスプレイで流れる映像にも登場しておりますので、遊びに来た際は要チェック♪エンターテインメントを提供するコロプラならではの楽しみ方が出来るウェイティングスペース!

そして、11階のエレベーターにも可愛いクマさんが描かれています。ひとつだけ表情が違うクマさんがいるので、見つけて下さいね♪

周辺を少しお散歩しましょう♪

 (5861)

「コロニーな生活」の初期サーバーやトロフィーが飾られています♪
 (5863)

 (5864)

コロプラオリジナルウォーターを選んで会議室へ♪

重厚感のある会議室の秘密・・・

 (5873)

 (5866)

 (5868)

 (5869)

ネーミングはとってもユニーク!

 (5875)

 (5870)

会議室には、コロプラのデザイナーさんが制作した絵が飾ってあります。また「コロニーな生活」のアイテム名称がついていて、その会議室名にちなんだ絵をそれぞれデザインしているのだそうです。
愛社精神を育みながら、ずっと使いたいと思ってもらうために、社員もオフィスづくりに参加してもらう取り組みを行ったとのことでした。

なぜ室内の雰囲気が違うのですか?

この会議室やウェイティングスペースは、以前入居されていた外資系証券会社さんが使っていたときからあまり変えていないんです。重厚感があり、今のコロプラには背伸び以外の何物でもありません。5年後、10年後に、この場所に見合うような企業になっていたいという想いをこめて、このようなつくりにしました。

それではワークスペースに行ってみよう!

 (5879)

 (5882)

先ほどの会議室スペースとは異なり、ワークスペースは遊び心のあるクリエイティブなオフィス環境がテーマ!

スタンディング型のMTGスペース

 (5878)

 (5887)

 (5881)

センターの通路には、スタンディング形式でMTGができる机がずらりと並んでおり、机はホワイトボードとして使えるようにしています。机の上には照明が設置されていて、ランプシェードにはその場所のアドレスが記されています。前2ケタがフロア階数、後2ケタはフロア内番地が割り当てられています。視覚的に自分の場所を理解することが可能となっています。

デザインコンセプトについて聞いてみよう!

オフィスは、副社長の千葉を中心とした弊社の引っ越しプロジェクトのメンバーと、施工会社の「三井デザインテック」さんとで形にしていきました。オフィスコンセプトやコロプラ社員の特徴などを伝えるために、毎週のようにミーティングを重ねてきました。さらに、設計士の方にはコロプラに1日ご入社いただき、コロプラ社員の働き方やリフレッシュの仕方などを身を持って体験していただきました。半年という短期間で引っ越しを実現しなければならなかったので、大変なことも多かったと聞いていますが、濃密な時間を過ごした結果、私たちが目指していたオフィスを実現することができました。

ワークスペースのコンセプトは「一軒家」

 (6097)

 (6434)

 (5901)

家族が住んでいる一軒家には、玄関があり、入っていくとみんなが集まるリビングがある。その横には和室がありこたつでほっこり談笑。家族の会話があまりなかったとしても、リビングを通り過ぎると、自然と人の気配を感じることができるのでつい声をかける。そんな家のような雰囲気を作ることで、オフィス内でも自然とコミニュケーションが生まれると考えたそうです。

様々なバリエーション

 (5848)

 (6436)

 (6437)

社員数が拡大していく中で、社員同士のコミュニケーションをより活性化させるべく、ワークスペースの出入り口付近にはリビングの役割を果たすリフレッ シュスペースを設けています。また、コロプラの社員は真面目で集中して仕事をする傾向があるため、もっとリフレッシュできる時間をつくってほしい、という思いから、様々なバリエーションで会社のいたるところにリフレッシュスペースを用意しているそうです。

ワークスペースとリフレッシュスペースを壁などで区切らず配置することで、オン・オフの切り替えが自然とでき、仕事がより効率的に進められると考えているとのことでした。

コロプラ一大きいリフレッシュスペースへ!

 (5794)

次はメディアでもよく取り上げられている9階の一番大きなリフレッシュスペース。『COLOPL Park』 へ行きましょう♪

居心地もよいCOLOPL Park

 (6441)

 (6442)

お昼時になると多くの社員がここに集まり、みんなでランチを取ったり
 (5892)

ゲームで遊んでいたり
 (5891)

こたつのある小上がりで談笑したり・・・みんな、思い思いに時間を過ごしているそうです。
 (5894)

 (5895)

「C」の文字にぴったりフィットされている方もいました♪
 (6447)

 (5909)

周りには会議室も♪
 (5915)

種類豊富なMTGスペース

 (5910)

 (5911)

 (5912)

 (5913)

 (5917)

 (5916)

来客用の会議室とはまた異なり、イメージが様々な会議室!

遊び心もいっぱい!

 (5920)

なんと、6,800個のボールがつまったボールプール仕様のMTGスペースも!写真から見てわかるように、オフィス全体でエンターテイメントを表現!!!
一方で、いかに効率よく働けるかということも重要視していて、引っ越しの際には、社員からの要望を吸い上げ、一つ一つ改善していったそうです。遊び心を取り入れながら、いかに仕事の効率アップに繋がるようなオフィス環境にしているのか。なぜこのようになっていったのかをインタビューしてみました!

移転の経緯は?

2008年設立当初は入谷にいました。そこから恵比寿内で合計4回移転をしています。2012年に同ビルの32階に移転し、2014年の9月に、9階〜11階の3フロアへビル内移転をしました。

なぜ渋谷ではなく、恵比寿に?

入谷から移転を考えていた当時、恵比寿にはIT企業がほとんどいませんでした。まっさらな場所から我々が独自性を持って、コロプラらしさを発信していきたいと考えており「IT企業が集積していない場所で、歴史があり大人の印象を持つこの恵比寿でコロプラブランドを作っていく」というストーリーを描き、恵比寿に決めました。

福利厚生は?

 (5928)

例えば、朝はフルーツビュッフェ、昼は有機野菜を使用したお惣菜やサラダが並ぶランチミニビュッフェを用意しています。
 (5929)

また、国家資格を保有する、プロのマッサージ師による施術を無料で受けられるKuma SPAを設置し、社員の心身を健康な状態に保つためのサポートを行っています。

なぜこのように充実させているのですか?

コロプラは10年、20年と長く働いていただける環境作りを意識しています。この他にも、恵比寿駅を起点に3キロ圏内に住むと月々3万円の手当てが出る住宅補助や、初回の引越代を10万円まで負担する制度も!仕事に集中できるように、オフィスのエンターテイメントだけではなく、スタッフがどれだけ楽しく働けるのかも考えるのがコロプラの特徴です。

今回はご紹介頂きありがとうございました!

 (5938)

広報の斉藤さん、そして「クマ」さん。
今回はオフィス案内をして頂きましてありがとうございました!
エンターテインメントを徹底しつつ、社員のことを考えたオフィス作りから、コロプラの様々な想いを感じることができました。また、遊びに行きたい!そう思えるオフィスでした♪

斎藤さんより最後のひとこと!

コロプラでは現在、一緒に働く仲間を募集しています!
転職をご検討中の方に向けたオフィスツアーや、新卒採用向けイベントなども随時開催しています。おもしろいゲームをつくりたい! 革新的なエンターテインメントを生み出したい!
――そんな「ものづくり」に対する熱い想いをお持ちの方を、お待ちしています。コロプラとともに、たくさんの”ワクワク”を世界へ届けましょう!
※記事の内容は公開時のものです