【公園の芝生で業務!?こだわりと工夫が詰まったatama plusの広々オフィス!】!

2022.5.16

目次

こんにちは!JP新卒ライターのおのです。
最近あたたかくなってきて嬉しい限りです!今日のコンディションは7!

今回取材でお伺いしたのは、atama plus株式会社さん!
【「atama plus株式会社」とは?】
AI教材「atama+」を提供する。AIを活用したラーニングシステムにより、小中高生を対象に一人ひとり最適化した学習を提供する会社です。

【オフィス情報】
住所:東京都港区三田1丁目4−1 住友不動産麻布十番ビル 3階
坪数:約800坪
従業員数:約200名


【💡今回の取材サマリー💡】
・こだわり満載!オフィスのコンセプト”atama park”とは?
・裸足&ヨギボー完備の芝生エリア
・”ルールが無い”公園でいられる理由とは?
では、早速、オフィスツアースタート!
 (22545)

 (22627)

まず入口。この時点でかなりの広さに圧倒。。。
atama plusが提供する、AI教材「atama+」のAI先生「アタマ先生」が出迎えてくれました。

atama plusのオフィスコンセプトは”atama park”とのこと。
行かなければならない場所ではなく、自然と人が集まる場所にしたいとの思いで「PARK」というコンセプトが設定されています。
芝生、青空をイメージした天井、ベンチ、さらにスケボーまであります!


ベンチを見て懐かしい気持ちになった人、挙手!
 (22548)

この箱は…?
 (22549)

なんと、フォーチュンクッキーでお出迎えしてくださいました。
移転時に同ビル内のテナントさんにご挨拶で配ったそう。カ、カワイイし粋・・・

エントランスの時点で工夫がつまってる!
次はメインエリアに行きますよ~!と思いきや。
 (22551)

【問題】これは何でしょう?
【正解】下駄箱です。

めっちゃ学校っぽくないですか!!??
なんとatama plus、オフィスにはみなさん下駄箱で靴を脱いで上がります。なんと創設時から。中には、裸足で過ごす人も!
裸足の方がリラックスできるし、外の汚れも持ち込まないし、子供心も思い出せるし、一石三鳥

ではいよいよメインエリア・・・・
…の前に!
次は何だと思いますか?
 (22553)

え?
 (22555)

え???
 (22557)

この子たちは!?!?!?

左の子「高校生の藤井真一くんです。」
右の子「中学生の藤井純二くんです。」

藤井兄弟は、学習教材を提供しているatama plusが設定したペルソナ
文章で設定するより、目に見えたほうがペルソナの具体的なイメージが湧く!ということでパネルとフィギアを作成!
なんと、モデルを起用し撮影をしたそうです。
プロダクトづくりへの熱が感じられます。
 (22559)

いよいよメインエリアへ到達!まずは芝生エリアから!
可愛らしいテーブルとチェア。公園でよく見かける、ベンチ付きテーブルもあります!
大きな窓があり、日差しが全面的に入ります。窓際にチェアを動かして、作業している方もいらっしゃいました。
 (22561)

打ち合わせや研修は、この芝生エリアを使って行われることが多いそう。
 (22888)

可動式で動かしやすいサイズのホワイトボードと、付箋を活用して打ち合わせする方々が多いそうです。
 (22564)

芝生スペースの奥には、ヨギボーとバランスボールに溢れたエリアが!
 (22565)

みなさんリラックスしながら業務をされています。
 (22568)

この階段はスタジアムの入口をイメージしています。執務室に直結しているので移動しやすいのはもちろん、通るたびにテンションが上がりそうです。
 (22570)

裏はホワイトボードになっていて、気軽に打ち合わせなど行えるようになっています。
 (22572)

座らせていただきました。格別の座り心地・・・!
座り心地もよく、またこのエリアは階段部分含めコンセント完備!
ここから動けなくなりそう…


裸足、芝生、ヨギボー。リラックスできちゃう環境が整っており、更に利用に関するルールはほとんどありません。
出社日数や出社時間も、最低限のルールのみでほとんどが個々の判断に任せられています。
こんな自由な環境設定が可能なのは、社員一人ひとりが「自律」しているため。

ルールがなくても社員一人ひとりが自律して行動できるのは、カルチャーが全員にしっかり浸透しているからです。
 (22575)

atama plusでは「教育に、人に、社会に、次の可能性を。」というMissonを掲げており、「社員一丸となってMission実現に向かい続ける」というカルチャーがあります。
ではそのために何が必要か?ということを具体化したものがValuesカルチャーコード
 (22576)

カルチャーコードは1冊の本になっていて、Valuesの言葉をより分かりやすく説明しています。
 (22578)

こちらは新入社員向けに行ったワークショップの発表内容。
カルチャーについて考え、大事にしたいことのすり合わせを行っています。
新入社員以外にも、定期的にワークショップを開いてカルチャーへの理解を深め、社員一丸となって同じ方向を向いていることができるよう工夫されています。
このことをatama plusでは「カルチャーをガーデニングする」と表現。


続いてはパントリースペース!
 (22580)

カウンターがあり、コミュニケーションの場にもなっています。
 (22582)

オフィスコンビニだ!
 (22583)

冷凍食品まで完備されています!
 (22585)

業務用レベルの冷蔵庫にはペットボトルドリンクやお酒を大量ストック。
飲料やお酒は、社内のコミュケーション活性化のため定期的に行っている懇親会や、新しく入社した人の歓迎会のときに使われるそうです。

この他氷、ウォーターサーバー、インスタントコーヒーなどもありました。
 (22587)

カウンターは収納にもなっていて、マイカップや消耗品などがしまわれています。
カウンターを収納として活用することで、消耗品などが目に付かずスマート且つ、必要物をすぐ取り出すことができ、すごく使いやすいですね。
 (22589)

新歓、随時開催、筋肉体操部・・・・・?
コチラのボードは、atama plus内の部活動を告知するホワイトボード。
社内コミュニケーション施策の1つとして参加・日時が自由な部活動が企画・開催されています。
atama plusでは社内コミュニケーションを非常に重要視しており、コミュニケーションが取りやすくなるような企画がたくさんあります。
部活動はどんなジャンルでもOKという柔軟さ。
みなさん1つ2つは参加していて、多い人だと20個以上参加しているそうです。

他にも、
1グループ3,4名で他チームのメンバーと話す「シャッフルトーク」
15時ごろにフルーツを食べながら気軽に話す「フルーツアワー」
など、他チームの理解を深めたり社内全体でのコミュニケーションを強化する工夫がとられています。
 (22591)

奥に進むと、広々とした空間にデスクが並んでいます。
デスクエリアは基本フリーアドレスですが、固定席希望の人はパーテーションに名札を掛けることで固定席にできるそうです。
 (22593)

入社3ヵ月以内の社員は、席にこの「I am Star」の目印が。atama plusでは入社3ヵ月以内の社員を「スター」と呼びます。この目印のおかげで分かりやすくなり、コミュニケーションのきっかけにもなりそうです!素敵アイテム!
この他にも社員のチェキを下駄箱近くに掲示したり、新しく入った人がはやく社内に溶け込める工夫が施されています。
 (22595)

郵便物・提出物は分かりやすく分別・管理。
 (22596)

人から人への手渡しがないため、かなり効率的に受け渡しが可能です。
 (22601)

 (22602)

本棚周辺は再び芝生が出現。
教養本、参考書のほか学習教材が所狭しと並んでいます。
高校生の時使っていた教材と再会して、懐かしさに包まれました。
 (22604)

「アタマ先生」のレゴがひょっこり。
 (22606)

本棚の合間に出現する会議室「Speak」は、主に1on1で使用されるブースです。暖かみのあるライトを用い、少し照明を落とすことで、リラックスしやすい環境を生み出しています。
 (22608)

クローズドな内容の社内会議は本棚と隣接しているこちらの会議室で。こちらもガラス張りにすることでオープン性を保っています。
 (22610)

本棚エリアからぐるっと後ろに回ると、個室と会議室が整列しているエリアが出現。
 (22612)

雰囲気がこれまでとガラッと違っている、集中ブース「Think」。無機質でシンプルなデザインとなっており、かなり集中しやすい環境が整えられています。
 (22614)

こちらはWeb会議ブース。
実は先程紹介した、1on1会議室の「Speak」、集中スペース「Think」、そしてWeb会議ブース「Fun」はそれぞれValuesから名前を取っています。
 (22616)

 (22617)

 (22618)

社外用会議室は三角関数!
 (22620)

 (22621)

社外用会議室には、アタマ先生がデザインされたルービックキューブや掲載記事が飾られています。
ルービックキューブ、小野もいつかチャレンジしたいな・・・



以上、オフィスツアーでした!
遊び心が溢れ、かつ社員の働きやすさを兼ね備えた800坪オフィス!大圧巻でした!
 (22623)

【取材協力】

atama plus株式会社
広報 高木 悠希様
カルチャー担当 杉本 悠様

※撮影時のみマスクを外しています。
 (22624)

【atama plus株式会社】

設立:2017年4月3日
事業:AI(人工知能)を活用した教育プロダクトの開発および提供
代表取締役:稲田 大輔
【みんなのオフィス】Twitter

【みんなのオフィス】Twitter

\\フォローをお願いします!//
【みんなのオフィス】Instagram

【みんなのオフィス】Instagram


\\オフィスを画像で分かりやすくご紹介!//