六本木ベルファーレ跡地にオフィスを!セントラム六本木ビル!

六本木ベルファーレ~日本のバブル期を超えた1994年に開業した:夜の六本木の象徴となったクラブディスコでした。その跡地には、現在、最新の環境性能を備えたセントラム六本木ビルが建っています。その中身を見てみましょう。

2015.10.28

目次

セントラム六本木ビル全景

セントラム六本木ビル全景

六本木交差点より徒歩1分!

このビルの地下フロアには、ニコニコ動画の「ニコファーレ」のイベント会場となっており、六本木の情報発信拠点ともなっています。

現在、2階から6階のオフィスフロアが募集しています。

全館で約1,200坪の集約が可能な状態です。
セントラム六本木ビルからの眺望①

セントラム六本木ビルからの眺望①

六本木ヒルズがよく見えています。

隣地は、大手不動産会社による再開発がその開始を待っています。

2020年過ぎには、開発の全容が明らかになるでしょう。

ここは、六本木の中心地なのです。
セントラム六本木ビルからの眺望②

セントラム六本木ビルからの眺望②

ビルの裏手は、六本木の低層住宅地の為、遠くまでよく見渡せます。

あの建設中の緑色のビルは、TRIセブンRoppongiです。

ミッドタウンタワーの前にあり、路面には「バーニーズ・ニューヨーク」が出店する事が決まっています。
セントラム六本木ビルのトイレ

セントラム六本木ビルのトイレ

木目調と間接照明でシンプルです。

採光性もあるのがうれしいですね。
セントラム六本木ビル 隣地の開発

セントラム六本木ビル 隣地の開発

六本木駅側の隣地では、大規模にホテルの開発が進行中です。

TOKYOには、オリンピックにむけた観光客に対応するだけのホテルが不足しています。

このホテルは、2017年3月に竣工の予定です。
六本木駅にエレベーター設置へ

六本木駅にエレベーター設置へ

六本木駅のちょうど、この柵のところにビルが建設されます。

六本木駅の改札階と地上とがエレベーターで結ばれることになります。

オリンピックに向け、確実に進化を遂げている六本木です。