みんなのオフィスが目指すべきスタイル『WeWork』 のコワーキングスペース!

起業家向けのコワーキングスペースを運営する「WeWork」が巨額の資金調達に成功、その企業価値は50億ドルに達した。オフィス賃貸としては法外な金額、なぜ?

2015.1.13

世界で最大のコワーキングスペース 現在は7都市に

WeWorkのテーマは、美しいワークスペース、コミュニティ、サービス、およびサポートを
提供することで利用する人々に力を与えること現在は7都市17の場所を持っているようです
http://wired.jp/2014/12/18/wework-valuation/ (2395)

資金調達で企業価値は50億に

不動産業とテクノロジーを結びつけたWeWork社のビジネスモデルは、近年投資家たちの心をつかんできた「シェアリング・エコノミー(共有型経済)」のトレンドに乗っている。
Uber社やAirbnb社のような企業が大成功したことも影響しているのは明白だ。両社は、既存の業態(車による送迎や、空室の賃貸)にハイテクの手法を注ぎ込み、その結果、投資家からの評価は、その業界における既存の諸企業(Uber社の場合はタクシーやリムジン・サーヴィス、Airbnb社の場合はホテルなど)をはるかに超えるものになった。

美しいデザインにこだわる、コワーキングスペース

どのような人たちが利用?

主に事業を起こしたばかりの人々に的を絞っており、会員には各地に展開するオフィスの予約機能や、各種サービスの割引、ローカルイヴェントの紹介などの特典を提供している

WeWork Labs SF

WEWORKは、ZTEの3つの主要事業部門の端末事業、オペレーター・ソリューション、エンタープライズ・ビジネスが持つ中心的能力と技術を活用し、モ バイル電子メールやテレビ会議などのビジネス・アプリケーション、スマートフォンやタブレットなどの接続端末、携帯通信、Wi-Fi、VPN認証などの接 続ソリューション、さらにはストレージなどのクラウド・ソリューションをまとめて、大企業や中小企業のお客さまに統合ソリューションとして提供するものです。WEWORKの利用者は、セキュリティーとコストパフォーマンスの高い形でモバイルの利便性と機能を活用できます

何事も、まずは最初の一歩から

現在、企業を立ち上げてもオフィス探しについての難しい問題はまだ続いています
将来有望でも、スタートアップという理由でいいオフィスが借りれない、セキュリティが問題
初期費用が大きすぎる、等スタートするにはまだ難しい時代です
東京都内では、コワーキングスペースとして提供している企業が多くなりました
コワーキングに入るメリットは、初期費用が抑えられる他に、企業人脈が広がるなど
横のつながりを広げていくこともあります。
まずはコワーキングスペースから始める方がメリットが多い時代なのかもしれない