「想うこと」を企業理念にクリエイティブなデザインをサービスする株式会社デパートのオフィスを紹介!!

五反田駅から徒歩5分の駅近オフィス。大手企業のECサイトやメディア、コーポレートサイトから採用まで様々な業界業種のWeb制作に携わっている株式会社デパートに取材に行ってきました!

2018.7.17

株式会社デパート

エントランス

 (19346)

木材を基調とした温かな空間が演出してありました。
デザインの創造が豊かになりそうな心が落ち着くエントランスですね!

奥行きが広く奥のスペースが気になります。

リフレッシュルーム

 (19686)

エントランスを抜けると広々としたくつろぎの空間がありました!

このリフレッシュルームでは、スタッフさんがランチをしたり、懇親会やセミナーを開いてオフィス内でのコミュニケーションの場となっているそうです。

エントランス同様、木目調を使うことで温かい空間が広がっています。
 (19349)

このカウンタースペースを利用して、2か月に1回交流の場としても使っているみたいです。
様々な備蓄品を収納できてコンパクトな収納スペースとなっています。
見た目がシンプルで素敵ですね!


 (19676)

カウンターから見た景色です。
全体的に広いスペースでゆったりできるのがわかります!

 (19355)

天井を抜いたことで座席から見える景色が開放的ですね!
スタッフさんが心地よくリラックスできる空間になっています。
リフレッシュルームにはデザイン性だけではなく、シーリングファンを天井に付けることで広々とした空間に空調をいきわたらせる役割をしています。
湿度の高い梅雨の時期や夏の暑い時期には快適です。こちらも魅力の1つです!
 (19357)

裸電球もおしゃれに設計されています。暖かな光にリラックス効果がありますね。
 (19360)

リフレッシュルームを抜けると執務スペースがあります。

執務スペース

 (19362)

スタッフは全員デュアルモニタを完備。隣との距離感が広くとられています!
特に椅子にはこだわりを持っていて、デザイナーさんやエンジニアさんの疲れが軽減されるように高級なものを使っていました!
スタッフさんへの環境配慮が素晴らしいです。
 (19364)

このオフィスのこだわりの1つ、ケーブルレスです!
コンピュータなど機械のケーブルが絡まったりしないように、デスクの前に厚めの仕切りを設けてケーブルを収納できるようになっています。
テーブルの上がすっきりとしていますね。
 (19366)

執務スペースの中央には、立ちながら話せるスペースが設けられていました。
この机の周りで今後のビジョンについて話し合いが行われるそうです。
 (19368)

実際に立って話している風景を撮らせていただきました!
 (19370)

かわいいイラストもありました♪
コミュニケーションツールの1つとしてホワイトボードを付けるのもいいですね。
 (19372)

執務室の奥へ行くと、大切な情報を扱っている部屋が備えられていました!

お客様の大切なデータを扱うため、セキュリティールームも完備。厳重にロックされていてカメラも右上に付けられています。関係者以外は入室できない仕組みになっています。
 (19374)

厳重な管理システムが施されています。

大会議室

 (19678)

広々としたシンプルな会議室がありました!

小会議室

 (19743)

こちらはエントランス横にある木目調の会議室です。

お話を伺いました!

 (19376)

代表取締役の見條陽亮さんとシニアスタッフ、ディレクターの遠藤陽平さんにご協力いただきました。

オフィス移転の理由について

事業拡大に伴うオフィスの拡張と既存スタッフ、これから出会う求職者の方々にとって働きやすいオフィスを創ることが目的。

もともと五反田にオフィスを構えていたが、従業員がいっぱいになってきたので、以前よりも快適に働ける環境作りのためにオフィスの移転を考えた。

オフィス選びの条件

いろいろな意味での環境がよくなるように、特に働く環境が良くなるようオフィスを探した。

以前のオフィスは40坪であったがおおよそ100坪で60人くらい入ることが目的。
もともとお付き合いのあるクライアントさんと距離が近いように、エリアを目黒や五反田に絞っていた。

オフィス選びで苦労した点

占有できるワンフロアに憧れがあり、限られたエリアで条件に合う広さのオフィスを探したがなかなか見つからなかった。

オフィスのテーマ、こだわり

テーマは、デパートの会社の特色を活かすこと。
企業ビジョンは、「誰かを想って創る企業」このビジョンを大切にし、人と人とのコミュニケーションやお客様に親身になって対応する思い、温もりや目に見えない愛を木目調で表現した。

こだわりは、スタッフさんの働きやすさを優先し、デザイナーさんやエンジニアさんの座る椅子をリラックスできる高級なものに買い替えたこと。
また、天井を抜くことで座席から見える景色などを開放的にした。
パソコンのモニターが大きいために、机の上を広く作ったり、机の前に造作のパーテーションを作り、中にケーブルを収納することで、ケーブルレスの環境にした。
背中合わせになる人との距離感を広めにとるなどにこだわりを持って作った。

移転後の変化

個人の働くスペースが広くなり、リフレッシュルームも取り入れたことでスタッフのみんなが楽しそうに働いている。
また、収納が便利になり備蓄スペースが確保できるようになった。
五反田から五反田への移転であったが、占有ワンフロアで100坪あるオフィスは働く環境の改善になったようだ。

ありがとうございました!

[入居ビル情報]
住所:東京都品川区西五反田7-9-2
ビル名:KDX五反田ビル 5F
坪数:約100