2015年4月30日 更新

AKQA東京オフィスを世界に発信!トラフ建築設計事務所によるクリエイティブデザインとは?

渋谷区広尾にある「AKQA Tokyo Office」クライアントはナイキや日産などデジタル領域には強みをもつ企業。天高6mの大空間を0から設計、完成させすぎないクリエイティブオフィスとは?!

14,362 view お気に入り追加 1

AKQAとは?

Introducing the Nike RISE 'House of Mamba' LED court

http://adgang.jp/2014/08/72715.html (5106)

Digital Agency of The Year を受賞するなど
デジタル領域に強みを持ち、2012年6月に
WPPグループに加わったクリエイティブエージェンシーのAKQA。

東京オフィスは2012年秋に開設。アジアでは2番目

東京オフィスでは二つの活動を柱にしていきます。一つは、ナイキのようなグローバルブランドを日本市場で成功させること。もう一つは、日産のような日本のブランドをグローバルな舞台で成功させることです。海外で実績のあるエージェンシーとして役に立てることはたくさんあると思っています。また、個人的には、日本発の優れたクリエーティブを海外市場につなぐ懸け橋になれたらと考えています。 BY:イナモト・レイ氏

東京都内で2度目の移転

以前は青山に仮のオフィスを構えており
2015年1月に、現在のオフィスに新規移転。
スケルトンの状態から施行スタート!

デザイン会社は?

コンセプトを伝えて、全てトラフ建築設計事務所にお任せ。
AKQAのクリエイティブを更に加速させる、オフィスデザインとは?

息を飲むレセプション

 (6521)

 (6523)

 (5111)

ここから始まる、AKQAの世界観

 (5109)

 (5108)

 (5110)

クリエイティブを発信し続けるAKQAに行く際は少なからず
”どんなオフィスだろう”と考えながら向かいます。
扉を開けると受付から始まるAKQAの世界観は、
呼吸を忘れるほど魅了する空間。

このスペースは全体を見渡せる、レセプション。

トラフがデザインした照明
「water balloon」はエントランスのポイントに。

見れば見るほど、魅了される

 (5288)

 (5299)

 (5307)

階段を降りたところから見ると、左のガラス張りが会議室。
ここは外来用のMTGスペース。

天井高6mの室内は、
高低差を利用したコンクリート打ちっ放しの空間。

木材と観葉植物、ガラスを利用する事で
冷たすぎず、魅了する空間に。

ガラス+木+コンクリート打ちっ放しが
このオフィスのかっこよさを感じる3ポイントかもしれない!

反対側から見るレセプション

 (6525)

植栽やソファを追加
Before→After

緑を置くと、コンクリートがさらに引き立ちます。
リフレッシュしたい時には、緑を見る事で効果的な癒し効果も。
 (5283)

 (6527)

53 件

このまとめのキーワード

このまとめのキュレーター

AKQA東京オフィスを世界に発信!トラフ建築設計事務所によるクリエイティブデザインとは? moffice