わりかんを思い出に!paymoを運営するAnyPay株式会社に行ってきました!!

わりかんアプリpaymoを運営するAnyPay株式会社が、スタートアップ向けの小規模オフィスから一気にミッドタウンへと引っ越したとのことで取材に行ってきました!

2017.6.8
BY sato

AnyPay株式会社

AnyPayさんは前回取材させてもらった時、渋谷のスタートアップが集まる「Good Morning Building 」に入居していました。

その時の記事はこちら!
そんな約23坪のスタートアップ向けのオフィスから移転した先はなんと、、、
 (16512)

ミッドタウンです!
創業から1年経っていないというのですから驚きです、、、

というわけで早速中を見せてもらいましょう!
.

エントランス

 (16515)

程よい観葉植物のおかげで、落ち着いた雰囲気になっています。

モニターには AnyPayが運営しているわりかんアプリ「paymo」の紹介ビデオが流れていました!

会議室

 (16519)

会議室はエントランス向かって右側に並んでいます。
 (16522)

会議室はそれぞれ通貨の名前。
中にはビットコインの名前までつけられたものも!
 (16524)

中はこんな感じ。

とてもすっきりしていて使いやすそうな会議室です。
 (16526)

また、こちらを見てもらうとわかると思いますが、すべての会議室にはドアが2つあります。

これは会議室がオフィスの中心に位置し、廊下側と執務室側のどちらからでも入れるように効率化されているからです!
 (16528)

ちょっと大きめの「USD」のお部屋は、アメリカ国旗を意識したカラーが用いられています!

そして廊下側の壁にはこんなものまで。
 (16530)

吸音素材になっていて、会議室まで響かないように廊下の音を吸収してくれます。

機能性もあり、見た目もおしゃれですね!

カフェスペース

 (16553)

エントランスに向かって左側へ入るとカフェスペースがあります。
 (16533)

.
 (16534)

カウンターやファミレス席などがあり、息抜きやちょっとした打ち合わせなどに使っているそうです。
 (16536)

コーヒーマシンも設置してあり、ゴミ箱は雰囲気を損なわないような木目調のデザインになっています。
 (16538)

喫煙所は、室内にあるにもかかわらず煙が外に漏れない仕組みになっているそうです!
.
 (16540)

 (16541)

こちらには段差とロッカーでゆるく空間が区切られた打ち合わせなどができるスペースがあります。

その先には、
 (16543)

 (16544)

特徴的な形をした集中ブースがあります!

執務スペース

 (16547)

仕切りがなく見通しの良い広々とした空間になっています。
 (16549)

窓側にはファミレス席が並んでいます。
 (16551)

反対側の壁はホワイトボードになっていて、会議室へのもう一つの入り口が並んでいます。

お話を伺いました!

 (16557)

広報の中根さんにご協力いただきました!

オフィス移転の理由は?

事業拡大のため、オフィスが手狭になってしまったからです。

前回のオフィスにはもう少し長くいる予定でしたが、会社の成長スピードが想定していたより早かったので、3ヶ月しかいませんでした(笑)

オフィス選びの条件は?

私たち資金を取り扱うビジネスを行っているので、一定以上のセキュリティがあることは第一条件でした。

また、フロアが別れてしまうことは組織としては望ましくないと思っていたので、ワンフロアであることも重視していました。

オフィス移転で苦労したことは?

前回のオフィスである渋谷の「Good Morning Building」にすらまだ入居していない時期から次 の移転の計画を立てており、次に入居するビルも決まらないうちから内装業社と打ち合わせを しなければならなかったことです。

移転準備において、社内で担当していたのは一人だけでした。
この規模での移転となると社内でもプロジェクト化され、半年間くらいかけて移転していく会社もあるのでしょうが、とにかく時間もなく、次から次へと決めていく必要があったため、悩んで考える時間はありませんでした。
それがかえって良い結果になったと思っています。ベンチャー企業ならではのスピード感をもって取り組むことができました。

移転に関わった他社の協力あってのことだと感じています。
.

オフィスのテーマはありますか?

弊社の事業特性を考えるとスピードや変化が重視されますので、会議室に行く必要もなく、さっと集まって打合せができる場所を執務エリアに設置しました。

デザインの一部である色味はpaymoやAnyPayのサービスのイメージと相性が良いものを選定しています。
また、什器・家具の素材はどこか柔らかさやポップさが感じるものである一方、上品なものを選定していますね。

十分贅沢なオフィスではありますが、あくまでも働く環境ですので、効率がよく、無駄がないように心がけています。

移転してからの変化はありますか?

広くなったことで座席の場所で悩むことがなくなりました。

今までは自分の席しかありませんでしたが、集中スペースやカフェスペースなどができたことによって、よりクリエイティブに自由な働き方がでいるようになりました。

また、ビル自体も大規模でセキュリティがしっかりしている割には、入館する際に混みあったりすることもなく、落ち着いた雰囲気でいい環境の中で仕事ができるようになりました。

ありがとうございました!