エントランスはどう作る?必要なものと、アイデアリストまとめ!

あなたが内装デザインを決める際には、エントランスはどのように注文されていますか?このページは参考にしやすいものがいっぱい!こちらから好みを見つけて下さい!

2014.11.3

エントランスに必要なものは?

まず、気になるところは、エントランスにコストをかけるべきなのか?スペースは無駄ではないのか?と様々な疑問が浮かんできます。もちろん企業によってコンセプトが違うかと思うので、何が必要なのか?どの位のスペースで作られているのか?移転の参考になればと思い集めてみました。

1. まずは、オフィスの顔である看板

看板と受付の電話だけ。だからこそ看板をもっとかっこ良くしたい!
看板のサイズ感も重要であり、気に入るサイズはどちらですか?上から下にむけてサイズが大きくなっています!
小サイズ

小サイズ

中サイズ

中サイズ

特大サイズ!

特大サイズ!

光るロゴ看板も!

光るロゴ看板も!

 (1246)

2. 呼び出しアイテム

執務エリアに繋ぐ一本の電話。
 (1247)

ここ数年でiPadを使った、呼び出しも増えてきました!
 (1395)

Face Touchはチームラボの革命的な開発商品
 (1088)

他は、呼び出しベルを鳴らす入口や
直接フロアに入りスタッフ全員で挨拶をして、お出迎えをして下さるオフィスもありました。
ここまでは必ず必要なデザイン構成と、受付アイテムです。

3.観葉植物や置物で空間デザイン

上の1に取り上げたようにロゴのみのシンプルの他に、装飾で華やかにしているエントランスもありました!装飾されたデザインもご紹介します
 (1249)

 (1398)

 (1399)

4.空間を利用した魅力的なエントランスデザイン

企業により、エントランスにどれだけスペースを確保するのかはレイアウトを決めていくうちに、設計士と相談すると思います 。シンプルではなく、置物だけでもなく、エントランスを広く取り空間の一部として造作していると感じたシリーズもご紹介いたします。
 (1251)

 (1252)

 (1253)

 (1254)

エントランスまとめ

企業の顔ともいえるエントランスデザインは様々。時に、この空間はとても重要な役割を果たします。魅力的なエントランスは、効果的に貴社の企業理念を伝え、同時に毎日出勤する社員のモチベーション向上にも繋がると思います。オフィス移転に伴い、どんどん大きくなっていくのも会社の成長と感じるのかもしれませんね!