『Lei Hau'oli』の移転前オフィスを覗き見。センスを極めたオフィスデザイン!

代々木にあった旧オフィス。移転前にオフィスを取材させて頂きました。窓一面に広がる窓を活かした内装にはこだわりがいっぱい!家具が好きな方は楽しくなるデザインです!

2015.1.7

レイハウオリの美しいサービスは内装にも秘密があった

 (2362)

今回内装デザインについて、お話しを伺った竹内社長。こちらの物件は居抜きオフィスとしてもご紹介させていただいておりましたが、2015年入居の方はもう決まったようです。現在は新しいオフィスに移転しましたのでこちらの内装デザインのこだわりについて、教えていただきました

レンガ調のエントランス

 (2365)

 (2366)

代々木公園が一望できるオフィス

 (2316)

オフィスに入るとまず目に入るのが、大きな窓から一望できる代々木公園。眺望とのバランスが絶妙なオフィス家具。どこを見てもセンスを感じるオフィスデザイン

Q,物件を選んだ理由は?

会社の物件を選ぶ際のポイントがあり、その条件は眺めがいい場所。内装も大事ですが、目に入る視覚環境はサービスに繋がると思うのでロケーションは重要視しています。その他に、窓が大きい事、喫煙コーナーが用意できるスペースがあったなど多数あります。

圧巻の景色を見ながら、開放感あるワークスペース

 (2321)

 (2354)

低い家具で揃えているのは、どの位置からでも全体が見える工夫をしているから
逆光になってしまうため、この感動を写真で伝えられないのが問題なのですが、伺っているこちらも落ち着いてくる内装デザインです
 (2355)

 (2367)

夜遅くに会社前を通ると、今誰がいるのか外から確認ができるようです

整理しやすいデスクまわり

 (2325)

 (2326)

配線コードがうまく隠れるようにデザインされたデスクですっきり収納。自然の木の素材をデスクに使っているので、使い込めば使い込むほど味が出てきますね。広めのデスクなので作業しながらでもストレスが感じない印象

こだわりのデザイナーズチェア

 (2338)

柳 宗理 氏デザイン
「バタフライスツール」 

日本人デザイナーが世界的評価を受けた最初の椅子
 (2339)

ル・コルビジェ LC4
フランスで主に活躍した建築家
 (2340)

希少なオーダーチェア
 (2368)

 (2342)

 (2369)

眺望が見えるように、背の高いものを置かない、自然やアナログのものに触れられるようにしているのなど家具などにこだわってるとのこと

窓を開けると景色の良い会議室

 (2344)

こちらにもデザイナーズチェア
 (2345)

窓を開けた時、驚きの夕焼け景色
 (2346)

リラックスできる場所にも、こだわり家具

 (2349)

 (2350)

 (2358)

さすが!アナログオーディオ機器も用意
 (2359)

飲食が充実しているオフィス、すぐに手に届く場所に

 (2351)

 (2352)

 (2353)

レイハウオリさんは、オフィスグリコを利用しておりました。コンビニに行くよりも気軽に購入、ちょっとした小腹がすいても買いにいく時間がもったいない時にも便利

景色も素晴らしく代々木公園が一望出来る珍しいオフィス!