日本ビットコイン市場のパイオニア!株式会社bitFlyerに行ってきました!

赤坂駅から徒歩約2分!日本で初めてのビットコイン取引所サイトを開始した、株式会社bitFlyerに行ってきました!

2016.11.9
BY sato

株式会社bitFlyer

エントランス

 (14341)

とても明るくすっきりとした印象。

奥に見えるのはコチラ。
 (14343)

マイニングマシンというビットコインをマイニング(採掘)するマシンだそうです。

ビットコインが注目される以前は、このようなどこにでもありそうな古いコンピュータでもマイニングすることが可能でしたが、今ではマイニング専用の施設を建てたりするところも出てきて難易度も上がっており、到底太刀打ちできないので、オブジェと化しているそうです。

6F

オフィスは6階と8階に分かれていました。
まずは6階から見ていきましょう!

ミーティングスペース

 (14348)

開放感が半端ないです!

窓が床まで続いているので、高いところが苦手な人にとっては少し怖いかもしれません(笑)
 (14375)

ちなみに足元はこんな感じ。
 (14352)

中央のテーブルは卓球台になります!

そして今かなり話題のこんなものまで!
 (14354)

プレステVR!

品薄で手に入らないそうですが、なんとか発売日に入手されたそうです。

息抜きに必要なアイテムも揃っていますね。
ご好意で少しだけ体験させていただきました!
 (14356)

サメに襲われガチでビビるの図。

ワークスペース

 (14359)

一人一人のスペースを広く取りたいとのことで、かなりゆったりとした中で仕事ができそうです。
 (14364)

こちらは「bitFlyer Lightning」と「chainFlyer」の画面。

「bitFlyer Lightning」 は、ビットコインの現物・FX 取引、イーサリアムの現物の取引に対応したプロ向け取引所で、「chainFlyer」はビットコインの仕組みをわかりやすく視覚化したサービスだそうです。

ビットコインの取引をリアルタイムで表示しているそうで、ビジュアル化すると、ビットコインの活発な動きがよくわかりますね。
 (14377)

イギリスの高級スピーカーブランドのbowers & wilkins!

こちらは完全に代表の趣味だそうです。
 (14379)

 (14380)

ドリンクやお菓子なども自由に!

精神と時の部屋

 (14369)

土足厳禁のこちらは「精神と時の部屋」だと言います。
・・・リラックススペースですね(笑)
 (14371)

社員の方のお子さんが来ても大丈夫なように、おままごとセットまで完備です!

そしてこの精神と時の部屋にはこんなものまで!
 (14373)

ジャーン!
漫画、キングダム!

これが最高に面白いらしく、読んでない人は人生を損しているとかいないとか。

そこまで言われたら私も読むしかありませんね!

8F

8階は、エンジニアがいるフロアだそうです。

ワークスペース

 (14420)

お、早速この階にもありましたね。
 (14385)

 (14386)

こちらも個人のスペースが広いですね!

非常にハイスペックな開発環境だそうで、マルチディスプレイや大型ディスプレイが目に付きますね。
 (14388)

KINESISのこんなキーボードを使っているエンジニアの方もいました!

噂には聞いたことがありましたが、実物は初めて見ました。
慣れると普通のキーボードには戻れないそうです。
 (14396)

勉強のための参考書籍は会社負担で買い放題!
 (14390)

ビットコインのATMや、
 (14392)

なぜかテントも。

落ち着くみたいです。
 (14394)

そして座禅スペースまでありました!

気分転換にちょうどいいそうです!

ミーティングスペース

 (14399)

この階にもミーティングスペースがあり、窓に面しているため、やはり開放感があります。

共用部

お手洗いが可愛かったので最後にパシャり。
 (14403)

お話を伺いました!

 (14405)

代表取締役の加納さんにご協力いただきました!

オフィス選びの条件は?

赤坂付近でなるべく新しいビルであることです。

もともと政財界の方々と話す機会が多く、活動の拠点が赤坂だったこともあるので、この周辺から離れたくありませんでした。

内装はどうしましたか?

8階は新築の時に入居し、内装はミーティングスペースを作る以外は、ほとんどそのまま使用しています。

6階は、8階が少し手狭になってきた際にちょうど空いたので、居抜きで入居しました。

あまり内装に手を加えていない理由は、成長中の企業であるため、短い期間で出なくてはならない可能性もあります。
その際の原状回復をしなければならないなど、出るときに大きな負担になってしまうからです。

オフィスづくりで大切にした点は?

個人のスペースを広く取ることを大切にしました。

机も広めで、大型モニターや3面モニターを使用しても余裕があるくらいには広くとってあります。

また、色をあまり多く使わないことを意識しました。
シンプルなものでまとめ、ワンポイントでミーティングスペースの椅子だけオレンジにしています。

オフィスづくりで苦労した点は?

人数の増えるペースが予想を上回ってしまったことです。

最初、8階のミーティングスペースを結構大きめに作っていましたが、人数が増えるにつれてスペースの確保のため、ミーティングスペースを何度か縮小するために業者に入ってもらいました。

移転してからの変化は?

オフィスが綺麗だと、お客様の出入りも多くなりましたし、社員のモチベーションも上がりました。

ゲームやリラックススペースが設けられていることで気分転換も簡単にできるので、モチベーションの維持に役立っています。

まとめ

いかがでしたか?

今まで見たオフィスの中でも個人のスペースがトップクラスに広かったです!
働きやすさが第一に考えられている素晴らしいオフィスでした!
※記事の内容は公開時のものです