IT×リアル!宅配ネットクリーニング「リネット」を提供する、株式会社ホワイトプラスの新オフィス!!

五反田駅から徒歩約7分!ITとリアルビジネスであるクリーニングを融合させた株式会社ホワイトプラスのオフィスをご紹介します!

2017.4.28
BY sato

株式会社ホワイトプラス

ホワイトプラスは、ネットで宅配クリーニングの注文ができる「リネット」を運営している会社です!

執務スペース

 (16041)

机の配置をあえて不規則にすることで、コミュニケーションの促進を図っているそうです!
 (16067)

こちらはガラス張りで遮音性をもたせたカスタマーセンターです。

社内にカスタマーセンターを設置し、スピーディーな対応を行うと同時に、お客様の声をサービスに反映させています
 (16069)

集中ブースや
 (16071)

ファミレス席もあります。
 (16073)

そしてこちらにはハンモックも並んでいます!
.
 (16075)

こういったスペースやハンモックなどは休息以外にも、エンジニアの方がリラックスしながら仕事をしたい時などに利用されているそうです。
 (16077)

そしてこちらのアーチの向こう側には、
 (16079)

カフェスペースもあります!


そしてこのオフィスには、一般的なオフィスには絶対にないであろうこんな変わったスペースまで、、、
 (16090)

アイロンスペース!
 (16092)

ずっしりとしていて、かなり本格的なものになっています。

さすがクリーニングベンチャー企業!
.

会議室

 (16082)

会議室のある空間はシックな雰囲気。

左側の壁には、毎年社員が自発的にクリーニング師の国家資格にチャレンジしていて、合格すると免許証を飾るピクチャーレールが用意がされているようです
.
 (16084)

 (16085)

会議室には衣類の素材の名前がつけられています。
 (16087)

 (16088)

中はいたってシンプルな作り。

壁の一面は木目調の壁紙にし、柔らかい雰囲気を演出しています。

お話を伺いました!

 (16095)

組織開発グループ、マネージャーの田中さんにご協力いただきました!

移転の理由は?

以前からコンスタントに採用を続けていて、オフィスが手狭になったためです。

フリーアドレスでなんとか持っていましたが、それでもぎゅうぎゅうで、最後の方はランチスペースだったところでも仕事をするような状態でした(笑)

内装のデザイン等についてお聞かせください

ベースは数社でコンペを行い、予算なども考慮して一番合っているところにお願いしてやってもらいました。

それでも全てを業者さんに任せるのではなく、社内デザイナーの活躍で一部DIYにし、自分たちでもオフィスを作っていきました。

会議室の木の看板などもDIYによるものです。

オフィスづくりで苦労した点は?

各部署の要望を聞き、それをオフィスに取り入れることが大変でした。

例えば、お客様対応をしているカスタマーセンターや、エンジニアの方たちは、活発に議論をしている声が気になり、仕事に集中できなくなってしまったりするので、集中ルームを設けたり、カスタマーセンターとの仕切りは防音使用にしたりしました。

オフィスづくりで大切にした点は?

オンとオフのメリハリがつけられるという点と、いかにコミュニケーションが取れるオフィスであるかということです。

それらはレイアウトに反映しており、リラックススペースは執務室の奥に設け、休むときはしっかりと休めたり、机をまっすぐではなく、あえてランダムに配置することで、移動の際により多くの方と接点を持ち、コミュニケーションにつながるようにしています。

移転してから何か変化はありましたか?

以前は人数が多くて、フリーアドレス制が機能していませんでしたが、今では余裕も生まれ、フリーアドレスでその時の状況によって働き方を自分で変えて、より集中して仕事ができるようになったと思います。

また、オフィスが綺麗になったことで、社員のモチベーションも一段と上がりました。

ありがとうございました!