フード産業を人気業種に!クックビズ株式会社の新たな営業拠点!!

五反田駅から徒歩約4分!大阪に本社を置くクックビズ株式会社。その新しく五反田に構えた営業拠点に行ってきました!

2017.5.11
BY sato

クックビズ株式会社

大阪に本社を置き、渋谷と名古屋にも拠点を展開しており、またこの度新たに五反田にも拠点ができたとのことで、早速見ていきましょう!

エントランス

 (16148)

白い空間にコーポレートカラーの赤がとても綺麗に映えています!

こちらの廊下ですが、会議室や執務室の入り口を凸凹に配置しており、エントランスからは見えないようになっています。
 (16185)

壁には世界地図。

現在オフィスは日本にしかないですが、いずれは世界中をフード産業のネットワークで繋ぎたいという想いがあるそうです。

会議室

会議室は全部で3部屋で、手前からそれぞれ「ファーム」「キッチン」「ダイニング」と、フード産業の流れに沿って名前がつけられています!
 (16189)

まずは「ファーム」
壁の色も緑にし、ファーム感が出ています。
 (16191)

こちらが「キッチン」
無機質な印象を与える色使いになっていますね。
.
 (16193)

そしてこちらが「ダイニング」
ダイニングらしく温かみを感じる空間に。

ラウンジ

 (16196)

廊下の突き当たりには大きな窓に面したラウンジスペースがあります。

ここなら日の光を浴びて気分転換もバッチリですね!
 (16198)

ホワイトボードが埋め込まれた高めのデスクもあり、ちょっとした打ち合わせならここで済ませられそうです。

執務スペース

 (16201)

執務スペースはシンプルな色使いで、落ち着いた雰囲気になっています。

まだ少し余裕がありそう。

お話を伺いました!

 (16204)

人事総務課兼、広報担当の中西さんにご協力いただきました。

オフィス移転の理由は?

もともと渋谷に東京の拠点があり、そこが手狭になってきたため、渋谷のオフィスを残したまま、新しく五反田にオフィスを構えたという形になります。

渋谷のオフィスには求人広告事業部と人材紹介事業部があったのですが、求人広告事業部をより一層成長させたいという想いから、その部門を分けて、新しいオフィスに移転させました。

オフィス選びで苦労した点は?

もともとあった渋谷のオフィスに近いところで探していたのですが、渋谷は入れる物件の数が圧倒的に少なく、条件に合うところがありませんでした。

また、ビル側の規制が厳しく、コンセプトを固めたデザイン案がなんども却下されそうになりました。
ただ、内装に妥協はしたくなかったので、設計会社に何度も根気よく交渉していただいたので、想定していたよりも時間がかかってしまいました。

オフィスのテーマやこだわりはありますか?

コーポレートカラーが映えるような配色にし、オフィスで会社のビジョンをわかってもらえるようなオフィスにしました。

オフィスに入ってすぐに、白い空間の中で壁の一箇所に広くコーポレートカラーの赤を使うことで、お客様や外から帰ってきた社員の方に、一目でクックビズにきた、帰ってきたと感じてもらえると思います。

会議室は「フード産業を人気業種にする」というビジョンが感じられる空間にしたかったので、それぞれ「ファーム」「キッチン」「ダイニング」とし、食が育まれる空間をコンセプトにつくり込みました。

オフィス作りで大切にした点は?

明るく働きやすい空間にすることを意識しています。

窓に面した箇所が一箇所しかないですが、エントランスから窓までを一直線の通路にすることで、全体に日の光が入り明るくなるようにしています。

床の素材も明るい感じにし、会議室の壁に異なる素材を使うことで、それぞれの部屋のコンセプトにあった空間にしています。

五反田はあくまで営業拠点ですが、営業は会社の花形部署です。
他の拠点と比べ来客が少ないのですが、だからといってコストを安く済ませることはしないでおこうと、役員陣で決めました。
なので、今までで一番坪単価も施工費も費用をかけました(笑)

移転してから変化はありますか?

やはり働く人のモチベーションが上がったと思います。
スペースに余裕ができたことで、のびのび仕事ができています。

また、大阪の役員も日替わりでこのオフィスに来るのですが、みんな口を揃えて「働くスタッフがかっこよくなった」と言っています(笑)
自分たちの力で、このオフィスにもスタッフが入れなくなるくらい拡大させていくんだ!という気概や自信が溢れているのだと思います。

ありがとうございました!

取材の依頼はこちらから!

株式会社アベンチャーズ
tel:03-3470-2770
mail:daichi@aventures.jp