2017年3月13日 更新

「混ざる」が自己成長の鍵!株式会社ビズオーシャンは色々な企業が「混ざる」オフィスだった!

東銀座駅から徒歩約2分!観光客を中心として多民族化している街にある、株式会社ビズオーシャンのオフィスに行ってきました!

株式会社ビズオーシャン

エントランス

 (14868)

木材をふんだんに使用し、柔らかい印象で出迎えてくれます。

ミーティングスペース

 (14871)

ガラス張りで外からも使用状況が一目でわかります。
 (14873)

機密性を保つ為、ガラス張りになっていない部屋もありましたが、残念ながらそちらは使用中で中は撮影できませんでした。
 (14875)

最近はこういうものが主流ですが、ガラス張りでなくても、使用状況がわかるのは便利ですね。
 (14877)

 (14878)

仕切りのないオープンなスペースもあります。
ちょっとした打ち合わせなんかは、こういった場所で十分そうですね。
.

オープンスペース

 (14881)

結構な人数を収容できる、開放感のあるスペースになっています。
お昼休憩や勉強会なんかにも使われているみたいです。

実はこのフロアには、このオープンスペースを中心にビズオーシャンを含む数社のオフィスが入っているんです!
様々な人と交流することを目的として作ったそうです。
 (14900)

照明の高さをバラバラにすることで、単調な印象にならないように工夫してあります。

執務スペース

 (14884)

そしてビズオーシャンのオフィスはこちら。

エントランスなどの共有部分とはだいぶ印象が変わって、いかにもオフィスという印象。
 (14886)

キャスター付きの移動式ホワイトボード。
ペン受けも付いていて便利そうです。

お話を伺いました!

 (14889)

代表の堀さんにご協力いただきました!
.
45 件

このまとめのキーワード

このまとめのキュレーター

「混ざる」が自己成長の鍵!株式会社ビズオーシャンは色々な企業が「混ざる」オフィスだった! sato