サーファー憧れの大会を作りだしてるWSLの新サンタモニカオフィス!!!

WSLはワールドサーフリーグの略で彼らは、サーフィンのプロツアーを運営する組織。プロサーファーも訪れる彼らのオフィスを覗いてみましょう♪

2015.7.31

WSLとはどんな会社?!

WSLはワールドサーフリーグの略で彼らはサーフィンのプロツアーを運営する組織。1964年に国際サーフィン連盟が開催された世界選手権で、現在のフォーマットになったのはIPSワールドサーキットになってからの1976年。
2015年から名称をワールドサーフリーグ(WSL)に変更。

最近ニュースになった動画

大会真っ最中にミック選手の背後にサメが出現!!
危機一髪な瞬間でした。

World Surf Leagueサンタモニカオフィス

2015年2月に建てられたオフィス。
本社はもともとオーストラリアのメルボルンにありました!!
古い倉庫(10,000平方フィート)を利用し
約50人の社員とプロのサーファーも訪れる
心地の良いオフィスになってます。
天井にはサーフボードが飾られてます♪
メインストリートの角にありミーティングや
インタビュー予定のサーファー達は波に乗った後でも
すぐオフィスに訪れることが出来ます。
至る所にサーフボードが
飾られています♪
社員やサーファー達がオフィスにいても楽しんでもらいたい為
ロッカールーム、ジム、ソファ、テレビ、読書に囲まれたリビングルーム
1920年代のヴィンテージバーと大規模なカフェが完備されてます。
24時間サーフィンの映像を社内全体に流している!
波乗り前にイメージトレーニング♪