挨拶はモイ!ツイキャスを運営するモイ株式会社に行ってきた!

中高生からも大人気!リリースわずか6年で累計配信回数が2億5千万回突破のライブ配信サービス【TwitCasting】略して【ツイキャス】を運営するモイ株式会社に行ってきた!

2016.5.2

モイ株式会社とは?

リリースわずか6年で累計配信回数が2億5千万回突破のライブ配信サービス【TwitCasting】略して【ツイキャス】を運営する会社。

ちなみに社名の“モイ”はフィンランド語で「こんにちは」の意味で
なんでも、社長がフィンランドを訪れた際に気に入った言葉なのだとか。

ツイキャスとは?

ニコニコ生放送と同じように、個人がひとりTV局のようにライブを配信できたり、音声のみでも配信できるので、ラジオのパーソナリティのようになれちゃうサービスのことです。

エントランス

 (12443)

シンプルでスタイリッシュなエントランス。
間接照明が空間に抜け感を作っています。

入り口にはたくさんのツイキャスグッズも!

ワークスペース

 (12444)

エントランスから入るとツイキャスのマスコットのトリをはじめとした、これまでのキャンペーンなどで作られたグッズがお出迎えしてくれます!
 (12445)

かわいい。。。
 (12458)

ワークスペースはまだまだかなり余裕がありそう。

集中スペース

 (12446)

最近できたブースタイプの集中スペース。

ミーティングルーム

 (12448)

どこまでもシンプルに、ミーティングルームは大小の2つ。
 (12449)

会議だけに集中できそう!

リフレッシュスペース

 (12504)

ビビッドな色の椅子と純白のテーブルのコントラストがかわいらしいリフレッシュスペース。
ここで休憩や作業をしたり、昼食をとるのだとか。
 (12447)

大きな窓から外を眺めるパノラマシートもありました!
 (12505)

福利厚生のフードやドリンクも充実しているモイさん。

総務担当者さんが購入しており、コーラなどの王道はもちろん、不二家のネクターなどの絶妙なものも揃えています。スタッフの好みを理解しているセンスが社員さん達から大変好評とのこと。(笑)

お話を伺いました!

 (12450)

ご協力いただいたのは株式会社モイ広報の福田さんです!

オフィス選びの条件は?

・千代田区内
・ゆとりのあるワークスペース
・オフィスを遮る物がない(柱など)
・個別空調
・天井が高い
・飲食店・消費者金融の入居するビルはNG
・共用玄関部にオートロック
・禁煙ビル
・100坪前後

上記の前提条件でオフィス探しを開始しました。
移転計画発足時点でスタッフ15名ほどが在籍しており、次のオフィスでは50人ぐらいまでの増員を検討していたため、望遠的に次のオフィスの条件を検討していきしました。

オフィス選びで行った取り組みは?

内覧予定の物件に対して、立地・坪単価・そのほかの条件などを記載し、各項を採点することが出来るエクセルシートを作成しました。

20件程の内覧を経て、最終的に現在のオフィスが1番のスコアを獲得し、選ばれたという形になります。

オフィスづくりのこだわりは?

 (12451)

特にデスクの島と島の間(写真で背中合わせになっている部分)の感覚を2m取り、オフィスの通り道を広くとったところがこだわりのポイントです。

スペースを広く取りましたが、遮るものがない分、スタッフそれぞれの表情が見やすく見通しのよい空間になりました。

オフィスが新しくキレイな分、内装にはほとんどコストをかけておらず、前のオフィスにあった家具の中で古くなって使えなくなったもの以外は全て現在も使用しています。

社内の評判は?

集中スペースや窓際、リラックススペースと、いろいろな場所で作業に取り組めることで気分転換出来る場所が多いというところが気に入っているという声が聞こえます。

また、オフィス選びの際に細かい条件を設定したため、引越し後もシミュレーション通りに快適に過ごせています。

社風

もともと代表がフレッシュミーティングというチャットワークサービスを運営しており、コミュニケーションをとる際にはそのサービスを使っています。
社内セクションごとにスレッドを立てて、社内の情報交換・共有をチャットで行っています。
例えば物資発注についてのスレッドもあり、総務担当へお好みのお菓子や飲み物をリクエストしたり感想を伝えたりしています。(笑)

チャットによってリアルな会話がなくなることの予防策として、金曜日にフライデー・ランチというランチ制度を採用し、社員が一同に会す時間と場所を設けています。

また、フレックスタイム(コアタイム有)を取り入れており、その人にあった千差万別なワークスタイルを受け入れています。

まとめ

いかがでしたか?

2014年9月時点で累計配信回数が1億回が、わずか1年半で2億5千万回再生という驚異的な数字で安定した成長を見せるツイキャス。
正直、オフィスに行く前は「あれだけのサービスをいったい何人で運営しているんだろう・・・」と思っていましたが、少数で運営していることに非常に驚きました。

社内の雰囲気もイケイケよりはしっとり。

サービスに携わりたい!
あのサービスをつくる会社の雰囲気を体感したい!

そう感じたエンジニアの方に朗報!
毎週金曜日に開催されているフライデー・ランチに参加してモイにあれこれ質問をぶつけてみましょう。
ご興味をお持ちの方は是非、参加してみてはいかがでしょうか?
※記事の内容は公開時のものです