「本の街」神保町に拠点を構える『笑屋』入居するビルが素敵すぎました!

『餅は餅屋と言いますが、弊社は同窓会屋です』というかっこいいネーミングでサービスを展開する笑屋のオフィス。企業カルチャーを出しているオフィスとは・・・

2014.10.2

昭和を感じる入り口

 (341)

内装とロゴデザインのバランスがとれたエントランス 壁など造作して他は既存のまま
 (2172)

神保町でオフィスを決めた理由は?

ビルを知ったきっかけはコワーキングスペースで募集をかけてたので気になり案内をお願いしました。2・4階は本をテーマに内装にこだわっており、入居者はフリースペースが利用できる事が良いと思った点と、交通機関のアクセスが良いので選びました

棚が置きやすいスッキリとした室内

 (342)

 (344)

オフィスは仕切りを飾り棚にすることで収納も多くデザイン
されたパーテーションに

入居後も安心できるビルオーナーのこだわり

ビルオーナーは自社ビル愛に溢れた造作をしています。他のフロアに行くと「本の街」神保町に拠点を構えて働くための ワーキングラウンジを自分でデザインしており、工事中もこまめにチェックしている様子でした
 (2177)

オフィスやビルに関して気になる事があれば、すぐに対応して下さるというメリットを実際に入居してから良かったと、笑屋の真田社長はお話して下さりました。メンテナンスを親身になって対応してくれるオーナーの心遣いとセンスを感じたオフィスビルでした
 (2179)

壁一面に本ページを
 (2180)

本で作られた照明