シンクスマイルの、〇〇デビューする程のおしゃれオフィス!

5年ほどいた渋谷を離れ、五反田に新たな拠点を構えたシンクスマイル。とてもおしゃれなそのオフィスを取材しに行ってきました!

2017.3.8
BY sato

株式会社シンクスマイル

フリースペース

 (15639)

オフィスに入るといきなり広々としたフリースペース!
 (15641)

代表の新子さんが映画好きということで、常に映画を流しているそうです。
 (15643)

あ、このテーブルセット覚えておいてくださいね!
 (15644)

 (15645)

とても開放感があるので、細かいところは見落としがちですが、細部までこだわりを持ってデザインされていたり、おしゃれな家具が選定されたりしていました。
 (15647)

カウンターの奥にはお酒もずらりと並んでいます。

毎月第三水曜日は「スナックしんくすまいる」と称し、この場所で交流会が行われています!
ドリンクや軽食も用意されており、とても気軽に参加できるので、興味がある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか?

会議室

 (15651)

ガラス張りでかっこいいですね。
 (15653)

こちらの会議室は土足厳禁。
リラックスして会議に臨めそうですね。

ちなみに左下にちらっと写っているのが靴置きです。
 (15655)

こちらは床がコルクでおしゃれに仕上がっています!
 (15657)

大きめなセミナールームも!

執務室

 (15660)

執務室は仕切りがなくとてもシンプルでコミュニケーションが取りやすそうな空間です!
 (15666)

壁には行動指針が書かれていました。
 (15662)

反対側はこのようになっていて、執務室の中にもフリースペースのような空間がありとても居心地が良さそう。
 (15664)

こことか最高に居心地良さそうですよ!
そしてこの「したことないをへらす」という企業理念もちょっと覚えておいてください!
 (15668)

こちらは役員の方々がいるお部屋。
 (15670)

社長席。
やっぱりL字のデスクは使い勝手が良さそうですね。

お話を伺いました!

 (15673)

代表の新子さんにご協力いただきました!

オフィス移転の理由は?

以前は渋谷に5年ほどいて、契約更新のタイミングで移転をしました。

オフィス選びの条件は?

方位学の視点でオフィスを選びました。
実際に方位学の先生にも移転に協力してもらい、先生曰く、5年もいたらその場所は拠点になる。とのことで、その拠点(渋谷)から方位学的に見ていい方角だった、南45度の範囲で探していました。

その範囲で100坪以上あって、セミナーが開けるようなオフィスを探していました。

決め手となったポイントは?

住所が西五反田7-7-7だったことです(笑)

7続きで縁起が良く、他の条件もバッチリ満たしていたので。

オフィスのテーマやこだわりはありますか?

コミュニケーションが加速するオフィスです。

そのためにカフェのような空間にしたかったのです。
また、私自身映画が大好きなので、常に映画を流せるようにしています。

カフェのような空間であればリラックスでき、他の人と接するときも自然体で入られますし、映画を流すことで共通の話題ができ、コミュニケーションのきっかけにもなります。

シンクスマイルは、クラウド上でのコミュニケーションツールを提供していますが、それ以上にリアルでの交流の方が大切だと思っているので、このようなオフィスにし、毎月「スナックしんくすまいる」を開催しています。

オフィスづくりで大切にした点は?

これはテーマにも通ずるものですが、コミュニケーションを通して笑顔が絶えない雰囲気を作ることを大切にしています。

移転してからの変化は?

社員のモチベーションが上がり、仲も深まったと思います。

もともと社員同士の中は良い方だったと思いますが、フリースペースが広く作れたことで、社内で飲むことが増え、より仲が深まりました。

そしてなんといっても、オフィスが綺麗になったことで、テレビドラマの撮影にも使われました!
撮影の時には社員もかなりテンションが上がっていましたね(笑)

まとめ

いかがでしたか?

こだわりを持ってオシャレなオフィスにすることで、ドラマデビューすることもできるんですね!

実際の放送された時の画像がこちら!
 (15690)

 (15691)

覚えていますか?
最初のテーブルセットと「したことないをへらす」を。
上は武井咲さん主演の「せいせいするほど、愛している」、下は嵐の松本潤さん主演の「99.9」です。
なんと2回も使われたようです!

すごいですね。
詳しい様子などは下記のシンクスマイルの公式ブログからご覧いただけます。

ぜひ参考に、ドラマに使われるようなオフィスを目指してみてください!
※記事の内容は公開時のものです