2017年3月13日 更新

国内No.1スタートアップ向けインフラカンパニーのネットジンザイバンク、居抜きで大満足!

株式会社ネットジンザイバンクの新しいオフィスは居抜きで入居したとのこと。そこで居抜きのメリットとともに、大満足だというオフィスをご紹介!

株式会社ネットジンザイバンク

エントランス

 (14549)

入ると何やら良い香りが。
こちらは大きな正方形のソファーが印象的。
 (14551)

お、良い香りの正体はこれでしたか!
 (14553)

ソファーの向かいには、様々な表彰を受けた際に頂いたというシャンパンや盾が、数多く飾られています!

「BizReach」主催の「Japan Head hunter Awards」を2014〜2016年に3年連続受賞。中でも最高の名誉である「Head hunter of the Year」を2015〜2016年に2年連続で受賞されているそうです!
 (14656)

ビジョンである「for Startups」を胸に活動中。

ワークスペース

 (14556)

ひとりひとりのスペースがかなり広くとってあり、天井もかなり高く、圧迫感が全くありません!
暖色系の色使いも相まって、リラックスして業務に励めそうです。
.
 (14558)

奥はこんなスペースも。
ちょっとした休憩や社内MTGの際に使用したりするそうです。

撮影用に大自然の映像を流していただきました(笑)
普段はyoutube等で音楽が流れていて、オフィス内は活気があふれています!
 (14560)

かなりオシャレな机。
なんだか高価そう・・・
 (14562)

スタンディングデスクもありました。
ピーンっと背筋も伸びて、ここで作業してると姿勢の矯正にもなりそうですね(笑)

ミーティングスペース

全部で3部屋あります!
まずはこちらから。
 (14566)

リビングダイニングのような印象を受けます。

ワークスペース側は下半分がすりガラスになっているため、人目を気にせず集中してMTGに臨めそうです。
使用状況なども把握できて一石二鳥!

次はこちら!
 (14568)

 (14569)

非常にシンプルでスッキリとした印象。

こちらはデザイナーやエンジニアの方が業務するスペースでもあるため、窓側の2つの椅子は、最上位クラスのものを用意してあるそうです!

最後はこちら!
 (14571)

ホテルの一室を思わせるような空間になっています!

黒い革製のソファや、間接照明が高級感を演出しています。
64 件

このまとめのキュレーター

国内No.1スタートアップ向けインフラカンパニーのネットジンザイバンク、居抜きで大満足! sato