居抜きを最大限活かしたオフィス!株式会社リサーチ・アンド・イノベーションに行ってきました!!

4駅支えて利便性抜群!条件にぴったりあったオフィスに居抜きで移転をした、株式会社リサーチ・アンド・イノベーションに行ってきました!

2017.3.14
BY sato

株式会社リサーチ・アンド・イノベーション

エントランス

 (15724)

カラフルなカラーボールでお出迎え。
格子にボールをはめ込んで文字にしてあるようです。

これはなかなか面白いアイディアですね!
 (15726)

 (15727)

ボールは横から取れる仕組み。

会議室

 (15730)

 (15731)

 (15732)

会議室には座り心地抜群のハーマンミラーのセイルチェアー。

色もカラフルで、シンプルな会議室のいいアクセントになっています!
 (15734)

こちらは一番大きな会議室で、机もかなり大きなもので特注だそうです。
 (15736)

コードなども収納できる作りになっています。

執務室

 (15739)

 (15740)

会議室と同様に木のデスクが使われていて、温かみのあるオフィスになっています。
チェアーは同じくハーマンミラーのセイルチェアで統一。

営業・運用・マーケがいるエリアと、エンジニア・分析・管理部がいるエリアが真ん中で分かれています。 そこを分けているのがこちらのフリースペースになります。
 (15742)

同系統の色にまとめてあり、とても統一感があります。

あまり派手な色を使っていないので、十分リラックスできそうな空間になっています。
 (15744)

ゴミ箱ですらおしゃれに。
 (15746)

仕事のお供に、コーヒーも完備。

お話を伺いました!

 (15749)

花田さん(右)と槍澤さん(左)にご協力いただきました!

オフィス移転の理由は?

前回入居していたビルは、入居のタイミングから取り壊しが決まっており、そのタイミングに合わせて移転しました。

オフィス選びの条件は?

一番重視した点は、営業が動きやすい立地であること、皆が働きやすいオフィスであるということです。
お客様に来社してもらうことも多くあるので、立地は重要でした。

オフィス選びで苦労した点は?

取り壊しの時期が決まっていたので、時期が限定されていたことです。

また、いい場所にあると思ったところは、大きすぎたり、小さすぎたりと、ちょうどいいサイズのオフィスもなかなか見つからなかったことに苦労しました。

内装のデザインについて

実は今のオフィスには居抜きで入居しました。
そのため、内装にはほとんど手を加えていませんが、設立時よりオフィス家具にはこだわっています。

例えば、椅子についてはデザイン性もあり、長時間座っていても疲れないようにハーマンミラー製のチェアーを使っていますし、机は木のデスクで統一して、落ち着いて仕事ができるような環境にしています。

居抜きの恩恵はありましたか?

ありました。

居抜きは初期費用が大幅に抑えられるので、その分オフィス家具などに予算を回すことができました。

また、引越しまでの期間が短くても、内装工事の必要がないため、短期間でスムーズな移転ができました。

最後にオフィスづくりで大切にしたことを教えてください

設立時より、「社員にとって働きやすい空間」であることを大切にしています。

例えば営業の方たちは、コミュニケーションを多く取るため、少し活気がある中で仕事をしていますが、エンジニアの方たちは、静かで落ち着いた空間で仕事をしたいと思っています。

このように部署によって仕事のスタンスが異なっていますので、それぞれが働きやすいように配置を考えました。
今回は居抜き物件で真ん中にフリースペースがあった為、その空間を利用することで、より皆が働きやすい環境を実現できたと思います。

ありがとうございました!