“◯◯◯”が咲くオフィス?!株式会社リジョブさんに行ってきた!!

大久保駅から徒歩1分。超駅近かつ新宿駅徒歩圏内のハンドレッドサーカスイーストタワー。株式会社リジョブさんのオフィスに行ってきました!

2015.7.24

株式会社リジョブ

入居ビルはコチラ

【物件名】ハンドレッドサーカスイーストタワー
【住所】東京都新宿区百人町2-27-7
【最寄り駅】JR大久保駅 徒歩1分
【坪数】316.19坪
【竣工】1992年
【改修】2008年
【耐震】新耐震基準

エントランス

 (9264)

ベンチが置かれていて、待っている時もリラックスできますね。

通路を進むと・・・

 (9265)

桜が咲く公園がありました!

 (9267)

ご覧の通り、
とても室内とは思えません!
 (9266)

芝生の上は靴を脱いで入ります♪
 (9268)

バーカウンターもありました。

ここはバーカウンターになる予定ではなかったとのことですが、キックオフミーティングを社内でやり始めた際に、社員さんの一人がバーとして利用し始めたことが発端となり、正式にバーカウンターとして認められたそうです。
 (9269)

奥では、まるで公園のようなスタイルで働く社員さんがいらっしゃいました。
 (9270)

本物の鳥??

と、思いきや、造鳥でした。
前のオフィスから移り住んだそうなので、渡り鳥さんでしょうか。(笑)

壁紙がオシャレな会議室

 (9271)

壁のデザイン、床のタイル、木の机、ランプ
パーフェクトなバランスの会議室です。

いいねポイント☝︎

 (9274)

会議室もそうなのですが、通路の照明もデザイン性が高いです!
 (9484)

壁掛けの時計も女子ウケ間違い無しのデザイン。
やはり女性社員が多い影響でしょうか・・・?
 (9275)

壁に貼り付けられた桜はよく見てみると、
 (9276)

花びらが、成績優秀者やチーム名が刻まれたプレートになっていました!
貼り付けられたらいつも以上に頑張っちゃいそうですね^^

インタビューを行いました!

 (9273)

入居した時期は?

つい先日、4月ですね。

引っ越した理由と、以前のオフィスについて教えて下さい!

引っ越した理由は、主に拡大が目的です。
以前は西新宿にオフィスを構えていて、現在と比較すると約1/3程度の面積でした!

内装のコンセプトはいかがですか?

コンセプトですが
ビジュアルに関しては「日本の技術とサービスを世界へ」というビジョンが具現化されており、その日本の象徴として「桜」がメインなっています。

機能性では

・リラックス
・コミュニケーション

の2点を重視したつくりになっています。
桜のある芝生エリアは昼間は社員がランチを食べたり、ミーティングをしたりと大活躍ですし、夜になればバーカウンターもパフォーマンスを発揮してくれるのでまさしくコンセプトを具現化されたものとなっています。

また、外部とのコミュニケーションも意識しており、ここから各界へ花を咲かせて欲しいという思いから、芝生エリアは《咲くらぼ制度》というIT業界や美容業界の方々に学びや交流の場として無料でオフィスの貸し出しを行っております。

使い心地はいかがですか?

機能性とデザイン性には文句のつけどころがなく、窓から見える線路もオフィスの桜とマッチしていてとても気に入っています。

社風はいかがでしょうか?

新卒も幹部候補で採用していて、みんなで会社を作り上げていくムードがあります。
そのため、会社を強化する意見なら若手ベテランの垣根なくどんどんボトムアップを行います。

会社のユニークな取り組みや制度はありますか?

ユニークな制度や取り組みは、弊社の《さくらBar制度》を紹介します。

もともとバーにする予定ではなかった場所が、社内から
「ここで社内Barやりましょう!」
と、声があがり、今では月に1回の頻度でさくらBarを開催しています。

ただBarを開いて楽しむだけでなく、そこで上がった利益から何か有意義な取り組みができないものかと考えた結果、
弊社では《CSV推進室》という部署を新しく設置して、その部署でさくらプロジェクトという「フィリピンの美容を学びたい若者達に美容技術を伝えるスクールを開校させる取り組み」をスタートさせました。

その取り組みの狙いは、厳しい家庭環境に生まれ、手に職がないことから、また貧困に陥ってしまうフィリピンの若者たちの負の連鎖を
日本の美容技術を伝えることで解消していこうというものです。

フィリピンで3ヶ月間セラピストの授業を受けるにあたり、1人分に対してかかるコストが15,000円なので、Bar1回分の目標利益を1,5000円に設定して運営されています。

まとめ

いかがでしたか?

オフィスに桜とは・・・
最初訪れたときはただただ、ビックリです。 (笑)

ちなみに、桜を設置したのには2つワケがあるそうで
1つはビジョンを表現していく為、日本の象徴である桜を取り入れたかったから。

2つ目は、美容業界で中途採用を行う事業のリジョブのサービスにおいて、春の桜が咲く季節に合わせて就職が出来る人は限られていて
「(そんな人たちに向けて)常に満開の桜を提供したい」
そういった思いが込められているからとのこと。

満開の桜に青々とした芝生。
春の風物詩と初夏の新緑を年中同時に楽しめるユニークなオフィスは
他の会社のオフィスと見比べても、社員さん達にとっては隣の芝生が青く見え“ない”クオリティではないでしょうか。