「会費婚」結婚式の新しい常識はここから作る!株式会社アールキューブに行ってきました!!

表参道駅から徒歩約4分!本社兼ウェディングサロンという、アールキューブの新しいオフィスの取材に行ってきました!

2017.1.26
BY sato

株式会社アールキューブ

アールキューブのオフィスは、本社兼ウェディングサロンになっているということです!
早速中を見ていきたいと思います!

ウェディングサロン

 (15175)

まずは最近のベンチャー企業らしくiPadがお出迎え。

台座は中に配線が収納できるようになっていて、コンクリートのような質感でスタイリッシュさがアップしています!
 (15173)

そしてこちら!
実際にお客様に来ていただいて結婚式の打ち合わせ等を行うそうで、休日になるとほぼ満席状態だそうです。

こんなに素晴らしい空間で結婚式の相談ができるなんて素敵ですね!

細部にもかなりこだわっているそうで、、、
 (15179)

天井が高い分、単調にならないよう天井に重心を置くため、緑や様々な高さや種類のライトを天井から吊り下げていたり
 (15181)

奥には人目を気にせず打ち合わせができる席なんかもあります。
単に壁で仕切っているわけではなく、緑をうまく活用しています。
 (15183)

座ってみるとこんな感じ。
程よい緑がそれとなく個室感を出してくれています。
 (15185)

 (15186)

 (15187)

 (15188)

他にもアンティーク調の家具や、いろんな種類の椅子やソファがありますが、全て代表の山崎さんが実際に座ったりして選んでいるそうです!
 (15191)

ドリンクバーも豊富。
 (15193)

オリジナルのマグカップやコースターからも、こだわりが垣間見えますね。
 (15231)

こちらの収納は、みかん農家さんが使用していた箱をいただき、自分たちでニスなどを塗っておしゃれに再利用しているそうです!

ワークスペース

 (15196)

ワークスペースはサロンの奥の仕切りを抜けた先にあります!
 (15198)

裏側には結婚式の参考になる書籍が置いてあります。
 (15200)

そしてここからワークスペース。
 (15202)

 (15203)

ちょっとした休憩スペース。
壁にはドリンクメニューが書かれています。
 (15205)

一番目立つところにはライオンの絵画!
かっこいい、、、

こちらは壁とかをベタ塗りするローラーで描かれたものだそうです!
右上には社名も入っていて、みさなん気に入っているそうです。
 (15207)

代表の山崎さん。

特に社長室や仕切りなどは作っておらず、誰とでも接しやすい風通しの良い会社。
 (15209)

さらに奥はこんな感じ。
 (15210)

高い天井から直接吊り下げられているハンガーラック。
こうなると隠さずともおしゃれですね!
 (15212)

収納はこちらのボックス。
 (15214)

個人のものには名前入りです。
 (15216)

ここが一段高くなっていて、直接腰掛けベンチとして使用しています。
 (15218)

その後ろは一面ホワイトボードで、
 (15220)

足元は収納。

機能性もバッチリです!

会議室

 (15224)

さりげない緑がいい味出してますね。

壁は一面ホワイトボードになっていて便利です!

キッチン

 (15229)

このオフィスにはキッチンも付いています。

カウンターのようになっていて、パーティーなどの際にここからお酒などを提供するそうです。
.

お手洗い

 (15234)

木を切り出した可愛らしいマークです。
 (15236)

 (15237)

ドアノブにもこだわっていて、ちょっと変わった形の鍵とドアノブ。

下の赤い状態が使用中を示しています。
 (15239)

中はこんな感じでめちゃくちゃ綺麗です!

手前の広くなった台のところで、小さなお子さんのオムツなどを取り替えたりできるようになっています。

お話を伺いました!

 (15242)

代表の山崎さんにご協力いただきました!

オフィス移転の理由は?

移転する前は、主にエンジニアたちが業務するオフィスと店舗が別々だったので、事業拡大に合わせて一つのオフィスにまとめたいという想いがあったからです。

オフィス選びの条件は?

主に3つありました。

オフィス兼店舗なので、それなりの広さがあること、
週末もオープンさせなければいけないので、店舗利用が可能なこと、
ウェディング事業はイメージが大切なので、表参道周辺であることです。

オフィス選びで苦労した点はありますか?

希望の条件にあった物件がほとんどなかったことです。

今のところを最初見た時に、賃料が高かったためやめようとしたのですが、1年ぐらい探しても他に候補がなかったので、ここに決めました。

今のオフィスに決めてよかったですか?

少し高めですが、結果的によかったです。

周りにもウェディング系の会社も多くあったり、提携している衣装屋さんも近く、お客様からもアクセスがしやすいです。
おかげで毎週末サロンは満席です。

また、街自体が歩いていてテンションが上がる街なので、お客様の期待感や社員のモチベーションのアップにもつながっています。

内装のデザインはどうしましたか?

自分のしたいイメージを商業施設の設計をしている知り合いの方にお願いしてデザインしてもらいました。
前のオフィスのデザインも同じ方にお願いしています。

こだわりはありますか?

オフィスありきですが、このスケルトンのオフィスにあった雰囲気にしたいと思い、レイアウトや什器などにもこだわりました。

実際にオフィスを見ていただければすぐに分かったと思いますが、仕切りも少なく、全体的にウッド調で緑をふんだんに使用し、いい感じにコンクリートの無機質な感じとマッチさせています。

また、人数に柔軟に対応できるよう、ワークスペースとサロンの仕切りは移動可能なものにしています。
仕切りは高すぎると圧迫感が出てしまい、低すぎると壁感がないので、絶妙な高さで計算されています。
 (15256)

パレットでできている仕切り。
パレット自体から特注で作ってもらったそうで、移動可能とはいえ一つ100キロほどの重さがあるとてもしっかりしたものです。
それと、最近のオフィスだとOAフロアが多くなっていますが、個人的にあまり好きじゃありません(笑)
今のオフィスはコンクリートの床で、そのまま使っていますが、配線を使わなかったり、目立たないようにするオフィスの作り方は、飲食店などを参考にしてこだわっています。

オフィスづくりで大切にしたことは?

オフィスがワクワクする空間であることを大切にしました。

オフィスっぽくなく、おしゃれなところで働いている感を出したいと思っていますが、非日常感だけを追求してしまうと集中できなくなってしまい、本末転倒ですので、モチベーションが上がり、なおかつ集中できる空間になるように意識しています。

ありがとうございました!

緑がとても多く、綺麗でオシャレなオフィスだったので、とても気持ち良く取材することができました!

これから移転を考えている方は、モチベーションアップに繋がるオフィスづくりの参考にしてみてはいかがでしょうか?