ランチで故郷、思い出しませんか? オフィスのお袋 “オフィスおかん”!

渋谷区代々木駅から徒歩5分。「上京してからコンビニや飲食チェーン店の味に慣れちまったよ…」ノスタルジックな思いを抱く者が一歩間違うと帰郷へ繋がりかねない危険なサービスを展開する“オフィスおかん”へ取材に行ってきました!

2015.2.17

オフィスおかんとは?

多忙なビジネスマンの、ワーク・フードバランスを解決することで、単なる食事補助だけにはとどまらず、従業員満足度の向上や社内コミュニケーションの向上などを目指しております。
そう、オフィスおかんは働くみんなのお母さんなんです!笑

早速、オフィスへ向かってみましょう!!

 (3400)

JR代々木駅北口を出て5分ほど歩くと階段が印象的なこちらのビルに辿り着きます。
 (3401)

黄緑の手すりがかわいいですね!
 (3385)

外からは分かりづらいですが、中は壁がパステルピンクのビル!

お邪魔します。

 (3387)

個人デスクはなく、一枚のテーブルに向かい合って働くスタイル
意見交換もスムーズに進んで仕事も捗りそうですね。
 (3394)

こちらが応接スペース。
家具は全てIKEAで揃えているので
シンプルにオシャレな雰囲気でまとまっています!

代表の沢木さんへインタビュー!

 (3389)

氏名:沢木 恵太(サワキ ケイタ)
生年:1985年生まれ
コンサルティングファームにて教育系事業の立上げ、web系ベンチャー企業で事業責任者を経て、教育系事業会社にスタートアップメンバーとして参画。
その後、無添加お惣菜の定期仕送りサービス「おかん」および、オフィス向けぷち社食サービス「オフィスおかん」を運営する株式会社おかん(当時CHISAN)を創業。

この場所を選んだ理由は?

当初から渋谷区と新宿区で探していました。
この近辺はオフィスが集中しているので、立地が顧客確保にも繋がると考えていました。

オフィスを決めた理由は?

まず代々木は交通の便がよかった事です。
次に、このビルは現在活躍しているベンチャーが入居していたので、それにあやかる気持ちもあり入居を決めました。

※以前はpixivさん、nanapiさんが入居されていたそうです。

内装デザインは?

オーナーがリノベーションをした後なのでほとんど造作はしていません。
家具はIKEAで揃えて、なるべく余計なものを置かずにシンプルに徹した内装にしています。
今後は移転後も使いやすいものを追加していくようにしています。

社内交流は?

普段からコミニュケーションをとれるように定期的に食事会をしていて
その中でサンプルを食べたり、商品について情報交換をする場を設けてコミュニケーションを図っています。
 (3417)

オフィスおかんの気になるお惣菜を紹介!

 (3386)

タラーン!!
 (3418)

 (3391)

OPEN!!
 (3392)

 (3393)

芋の煮込み美味しそう…
 (3390)

ご飯類も充実しています!

まとめ

以上、オフィスおかんの会社取材でした!
今までありそうでなかったシステムで
ランチタイムに限らず夜食を含めた社食問題を解決してくれるこのサービスはまさに
《かゆいところに手が届く》存在ではないでしょうか。