快適な暮らしをサポート!株式会社リビングスタイルに行ってきました!!

無印良品やフランフランで、インテリアコーディネートのシミュレーションができるサービスをご存知の方もいるかと思います。そんな便利なサービスを提供しているのが、株式会社リビングスタイルです!

2016.12.11
BY sato

株式会社リビングスタイル

今回、少しサービスの説明をしていただいたところ、とても興味を持ったものがあります!
こちらの動画を御覧ください!

RoomCo AR

RoomCoは3Dでルームコーディネートを楽しめる、AR技術を利用したアプリケーションです。https://www.roomco.jp/info/roomco-ar-aplication.html
すごくないですか!?
家にいながらにして実物大の家具を試すことができるんです!
「せっかく買ったのにサイズ感が微妙・・・」なんてありがちな失敗ともおさらばできます!

他にも無印良品やフランフランの店舗に導入されている、タブレットでインテリアコーディネートのシミュレーションができるサービスなども提供しています。
あなたも利用したことがあるかも?
そんなリビングスタイルさんのオフィスを見ていきましょう!
 (14618)

光合成〜
ビルの9階なので、遮るものもなくバンバン太陽光が入ってきます!
 (14620)

待合の可愛らしい椅子たち。
 (14622)

さりげなくハート型だったんですね!

会議室

 (14625)

見晴らしがいいですね。
光が差し込んで開放感抜群です!
 (14627)

全体はこんな感じ。
反対側もガラス張りでかっこいいです!

椅子はコーポレートカラーのオレンジで統一。

ワークスペース

 (14630)

外の景色と同じように遮るものが何もなく、非常に見晴らしのいいオフィスになっています!
 (14632)

フリーアドレス制のため、個人のロッカー的な場所も。

本格的なロッカーを用意しなくてもこれならスタイリッシュですし十分そうですね!
 (14634)

ちょっとした打ち合わせはこちらで。
 (14636)

 (14637)

壁際には、前回のオフィスから引き継いだ机を配置しています。
エコですね。
 (14639)

ちなみにワークスペース側から見た会議室はこんな感じです。

会議室があっても十分に光が入ってきますね!

お話を伺いました!

 (14642)

移転プロジェクトを担当した、佐藤さんにご協力いただきました!

オフィス移転の理由は?

人員の増加に伴い、事業拡大のためです。

オフィス選びの条件は?

現在、会社としては中間ステップにいるため、ローコストでありながらもしっかりと人数が入るという点を重視しました。

客先に出向くことが多いですが、駅さえ近ければよかったので、特にエリアなどは絞りませんでした。
提案を受けていいところがあったらそこに決めるといった感じでしたね(笑)

移転の際に苦労した点は?

引越し経験もなく、エンジニア主体の会社なので、勝手がよくわからず初めのうちは苦労しました。

慣れてしまえば特に苦労もなく、スムーズに移転をさせることができました。

オフィスづくりで大切にした点は?

割と自由な社風なのでシンプルでフラットになるようにし、会社が中間ステップなので、いつ人が増えて移転してもいいように身軽さを大切にしました。
固定席だとモノが溜まっていってしまうので、フリーアドレス制にしているのも、そう言った理由からです。

また、コミュニケーションの促進のために、仕切りを設けずに開放感ある空間になるよう

こだわりはありますか?

景色の良さを生かして光が十分に入るようにした点です。
会議室を窓側に配置しても、執務スペースにも光が届くように、ガラス張りにしたりしています。

移転してからの変化は?

見渡しが良くなったので、みんなが何してるか分かるようになりました。

またフリーアドレス制でモノが減りオフィスが綺麗になったことや、静かな環境に移転したことで、精神衛生的に非常に良くなりました。

まとめ

いかがでしたか?

個人的にはリビングスタイルさんの「RoomCo AR」がとても楽しそうなので、お部屋の模様替えをする際は、絶対に使ってみたいと思っています(笑)

オフィスを移転する際にも活用できそうなので、試してみてはいかがでしょうか?

また、家具・インテリアの情報メディアも運営しているので、より良い暮らしをするための参考にどうぞ!
※記事の内容は公開時のものです