【最新医療系ベンチャーだからこそ!AIMの創意工夫炸裂オフィス!】!

2022.7.11

目次

こんにちは!JP新卒ライターのおのです!

家の近くの紫陽花が満開で、通勤時通るたびに癒されます。
見るだけで気分が上がったり癒されるお花ってすごい!
今日のコンディションは7です。

さて、今回取材させていただいたのは「株式会社AIメディカルサービス」、通称AIMさん!
【「株式会社AIメディカルサービス」とは?】
内視鏡の画像診断支援AI(人工知能)の開発に取り組む。胃がんの早期発見に繋げられる革新的な医療サービスを提供します。

【オフィス情報】
住所:東京都豊島区東池袋1丁目18-1 Hareza Tower 11F
坪数:310坪
従業員数:64名

【💡今回の取材サマリー💡】
・医療系ベンチャーならではのポイント
・コミュニケーション第一!工夫がちりばめられた執務エリア
・オフィスに○○○検査デモ室!?
では、早速、オフィスツアースタート!
 (23498)

出迎えてくれたエントランスは、白を基調としてシンプルかつ綺麗にまとまっています。
 (23500)

AIMは医療関係者の来社が多いため、来客エリアは信頼を得られやすい内装デザインにされたそうです。

「来客エリアは、医療業界の方に安心感をもっていただくため、ベンチャーらしさよりもシンプルで綺麗な内装デザインにこだわりました」と広報の谷口さんはおっしゃいます。
 (23502)

天井部分はコーポレートカラーの赤で縁取られています。
 (23504)

さまざまな賞状やトロフィーがきれいに飾られています。
たくさんの功績が目に見える点も信頼に繋がりますね。
 (23506)

通路を少し進むと、会社説明ムービーが上映されていました。
分かりやすく、かっこいいムービーはYoutubeでもご覧いただけます!
通路を進んだ先には、社外用の会議室が並んでいました!
 (23508)

 (23509)

 (23510)

 (23511)

それぞれの会議室には日本の伝統色が名づけられています。

AIMでは世界に通用するプロダクトを開発し、日本から世界へ進出するという意味を込めて日本の伝統色を使っているそう。

海外のお客様に日本らしさも伝わる、素敵な名前です!
 (23513)

こちらは「KOHAKU」。
それぞれの会議室で椅子の色が異なります。これは会議室の名前となった伝統色に合わせているんだとか。素敵なこだわり。
11階で窓が大きいので、とても景色が良く開放感のある空間でした。
 (23515)

こちらの会議室は周りにソファを設置することで、セミナーなどにも活用できる仕様に。

さて、お次は執務エリアにレッツゴー!
 (23517)

 (23518)

まずご紹介いただいたのは、AIM CAFE & BAR
AIMのリフレッシュ&コミュニケーションスペースで、たくさんの社員さんが利用されていました。

カラフルで素敵な家具がたくさんあり、見ているだけで楽しい気持ちになる空間です。
 (23520)

パッチワーク調のチェアを始め、このエリアの家具は移転時に社員さんがオフィスに見合うものを探したそう。センスが素敵すぎる・・・・!
 (23522)

こちらはドリンクコーナー。
ストック含め、20種類は優に超えそうな勢いで本当にたくさんの種類のドリンクが用意されていました。
 (23524)

総務担当の方々が毎月選定してフレーバーを補充されています。

社員の皆さんの毎日の楽しみになるように、総務担当の皆さんで毎月頭をひねってフレーバーを用意しています。ネタの豊富さ、恐れ入ります。
 (23526)

こちらのお菓子コーナーも毎月変わるそうです。
懐かしい駄菓子たちが変わらぬ美味しさで鎮座していました。
 (23528)

ドリンクとお菓子はこのBOXを通してリクエストできます。
好評により再入荷!なんてものもありました。

お菓子やドリンクを取りに来た社員同士でコミュニケーションが発生しやすいように、工夫してこのコーナーを設けられています。

AIMでは社内コミュニケーションを非常に重視しており、コミュニケーションが発生しやすい工夫を散りばめたオフィス創りをしています。
 (23530)

執務エリアはパーテーションや役員室を作らず、ワンフロアに。
 (23532)

 (23533)

気軽にミーティングしやすいように、リフレッシュエリア以外にもスペースを確保しました。
 (23535)

こちらは創業時からの周年やイベントの際の集合写真。

AIMのこれまでの歩みと、仲の良さが伝わってきます。
 (23537)

ファミレス席では、ご飯はもちろん簡単なミーティングにも活用されています。
ちょうどランチミーティングをされており、お写真にご協力くださいました!
 (23539)

ワークチェアのほかに、バランスボールとバランスチェアもあります。
 (23541)

自席に持っていって座る社員さんもいらっしゃるそうです。
座り心地が気になるところ。

さて、次は・・・
 (23543)

じゃーーーん!お弁当です!
AIMでは福利厚生の1つにお弁当注文サービスがあり、なんと1食250円で注文できちゃうのです。(半額をAIMが負担)
 (23545)

おかずは日替わりとヘルシーから、ご飯は通常量と半ライスから選べます。
どちらもとっても美味しそう。

気軽に健康的なご飯を食べられるほか、AIMでは社員の健康を促進・サポートするためにヘルスケア関連の福利厚生が充実!
人間ドックや、フィットネスクラブの費用補助が受けられます。
ジムだけではなくヨガや水泳ももちろんOK!

運動と食事面の両方から健康をサポートしてくれます。なんて手厚いんだ・・・
 (23547)

白衣がありました!
病院の訪問時に着用されるそう。医療系企業ならではですね。
 (23549)

執務デスクは広く、引き出しも付いており使いやすいものを採用。
 (23551)

モニターを2つおいてもまだ余裕があるくらい広いです。
3つ並べている方もいらっしゃいました!
 (23553)

一部、昇降式デスクも採用されていました。
 (23555)

テレカンブースは2つ用意。
 (23557)

「いちご」と、
 (23560)

「なずな」の2つです。ネーミングが可愛い~~~!
「ブース1」などより愛着も沸くし覚えやすそう。
 (23562)

こちらは集中ブース。試験導入中だそうです。
 (23564)

 (23565)

 (23566)

本棚が執務エリアのいたるところにありました!

医療に関連するもの、プログラミングやソフトウェア関連、ビジネス書など、とにかくたくさんの種類が!
どれも読み放題。自分の専門分野以外の勉強もできるのはとても嬉しい点ですね。
 (23568)

こちらは「Endoscopy Demo Room」・・・?

入ってみましょう。
 (23570)

え、病院の検査室・・・・?

そうここは、内視鏡検査室を模したデモ室なんです!
 (23572)

本物の機械が並んでいます。初めて見ました・・・

この機械に、AIMが開発したシステムを搭載させて使います。
 (23574)

システムを起動させて、
 (23577)

胃の内壁の写真を内視鏡で撮影すると・・・
(実際の検査時、がん疑いの箇所にカメラを合わせて画面をフリーズさせるボタンを押します)
 (23579)

解析して胃がんの可能性を表示してくれます。
 (23581)

おのも実際に触らせていただきました!
とてつもなく貴重な体験・・・おそらく今後一生ないでしょう。
 (23583)

内視鏡検査機器の操作は非常に難しかったですが、ボタンを押すとAIが画像診断をし、即座に結果を表示してくれて、とても分かりやすかったです。

内視鏡検査は短時間で、難しい機械を扱わなければいけません。
お医者様の負担を減らすことができるAIMの画像診断支援AIが、胃がんの早期発見に繋がり、より世界中の救える命が増えたらいいなと思いました。


以上、AIMのオフィスツアーでした!
ありがとうございました!
 (23585)

【取材協力】
株式会社AIメディカルサービス
経営管理部門
 兼松 厚様
 勝 美樹様
 中村 美里様
広報 PR 谷口 愛美様
※撮影時のみマスクを外しています。
 (23587)

【株式会社AIメディカルサービス】
設立:2017年9月1日
事業:内視鏡の画像診断支援AI(人工知能)の開発
代表取締役CEO:多田 智裕
※記事の内容は公開時のものです。