異色の天才、猪子社長率いる『teamLab★』は内装に秘密が沢山あった!!!!

teamLab★創業当初は学校から近いので本郷を選んでいたが、その後もずっと本郷なのはたまたま良い物件が続いたからと担当者。オフィス内装の魅力について徹底調査!

2014.10.14

設計担当に聞く!オフィスデザインのコンセプトは?

”壁を壊せ!可変的な環境をつくれ!偶然出会える場をつくれ!色を活用せよ!!
               をテーマにオフィスを設計し、内装を考えています” 
Face Touch

Face Touch

エントランス入るとお迎えしてくれる「フェイスタッチ」
スタッフの呼び出しの他、来る待ち時間の間に初対面の方でも話の切り口になるように趣味なども記載していました!
その他に活用はしますか?

その他に活用はしますか?

”名前を覚えるツールとしても利用する事が出来るので利用頻度がとても高いです”
なぜ壁が黄色なのですか?

なぜ壁が黄色なのですか?

”コミュニケーションを活性化するために、壁を黄色にしています”

詳細は会議室詳細にてご紹介↓

執務エリアへ

作業環境にこだわりはありますか?

作業環境にこだわりはありますか?

”プロジェクトの関係上で社内の席替えが頻繁に行われています”

デスクトップごと移動するとか!

健康を優先している

 (709)

小腹がすいた時でも健康的なものを食べれるようにスタッフへの配慮。
 (708)

野菜スープも常備。
その他ラボ弁当など

どうしても会社ばかりいると栄養が偏りがちなので、健康管理を考えたものを提供している工夫を感じました!

スペースには工夫があった!偶然出会える場所とは?

社内に「偶然出会える場所」を作っています。 例えば、コピー機とコーヒーメーカーが置かれた休憩スペースを、トイレの導線上に配置しています。 書類をコピーしに来た人、コーヒーを取りに来た人、コーヒーを飲んでいる人、トイレに行こうとしている人、ただ休んでいる人、それぞれ目的が違う人が休憩室で出会い”しょうがなく”一定時過ごすようにしています。情報はとにかく、共有します。共有することで、おもわぬ発見、解決のヒントを期待しているのです。

内装も人も賑やかな会議スペース

コミュニケーションを活性化するために、壁を黄色にしています。よくブランドカラーをオフィスに導入していると思われがちなのですが、実は、合理的に黄色を選んでいます。 黄色は、長期的な集中には適さない色なのですが、短期的なコミュニケーションが活発化する特徴がある色です。 リラックスしたい休憩室には、「緑色」を使うようにしています。
 (711)

 (712)

 (717)

波のように見えるテーブル!

オリジナル作品がとにかく効率的かつカッコいい!!

 (713)

その他、自社の作品を展示して、来客がすぐ手に取り体験できるように工夫されていました。
 (715)

 (710)

立ち止まっても混まない場所に。
 (719)

おしゃれなチェアも!
猪子社長、ここに座ってラボ弁当食べていました

スタッフの意見で開発された紙のテーブル

 (714)

MTGの際にテーブルにメモしながら皆で書き込みながら話し合いに使ったり、終了したら一部だけ破って使用ていますとのこと。
 (716)

とにかくアイデアが沢山生まれやすい環境作りに徹底している。

取材を伺ってみて感想。

チームラボのオフィスはとにかく活気が良いと感じました。それは黄色の壁が理由なのかスタッフのモチベーションの高さでMTGから伝わる熱気からなのか?内装にもアイデアを生みやすい工夫があるので、新しい作品を世に出しているんだなと思いました。今後は移転も考えているそうなのでぜひ第二弾も特集させて頂きたいです!