2018年4月26日 更新

ソフトウェアテストといえばSHIFT!そのオフィスにはたくさんのこだわりが!

神谷町駅から徒歩約5分!メソニック39MTビルに入居するソフトウェアテストのプロフェッショナル集団「SHIFT」のオフィスに取材に行ってきました!

株式会社SHIFT

神谷町にあるメソニック39MTビルには、複数フロアを広々使った株式会社SHIFTの東京本社があります。また、この辺りは丘のような形状になっていて、地形的に運気がいい場所だそうです!

オフィスの中は程よく遊び心がありつつも、リラックス・集中ができる空間が広がっています。全体的な雰囲気としてはシックで落ち着いているのですが、アイテムの随所にこだわりが見られました。

そんなソフトウェアの品質保証・テスト(第三者検証)のプロ集団、「SHIFT」のオフィスを見ていきましょう!

エントランス

 (18861)

受付はレンガの壁に電話が埋め込まれていて、ブルックリンスタイルのような印象を受けます。
 (18863)

真正面を見るとなにやら待ち構えています。
 (18865)

立派な盆栽と、代表取締役社長である丹下大さんの等身大?パネルです(笑)
 (18867)

SHIFT Botanical Artとされた盆栽にはこのような意味が込められていました。

『太い幹から細やかな葉を広げる松の姿のように、確固たる信念と細やかな対応で、前へ上へと広がりを見せる。若く、有能で、効率よくスマートな集団、SHIFTが常に走り続け、戦う姿と共鳴します。
自然物と人工物の精巧な融合により、不可能と思われるものも人の手を加えて可能にする。この松のアートピースは、SHIFTならではの新しい価値の創造を体現しつつ、その先に「待つ」ものを「待つ」人を静かに出迎えます。』

これは自然の幹に人工の葉をつけた盆栽で、「松」と「待つ」を掛けているようですね!
 (18876)

日が暮れた後はとても幻想的。

会議室

 (18870)

素材感にとてもこだわっていて、壁には本物のレンガを、床は海外のワイナリーで使用されていた木材を使っているそう!

ロンハーマンの店舗でも使われている床材だそうです!
 (18872)

手前にあるものはこだわりを感じる照明のスイッチ。

思わずパチパチやりたくなる仕様になっています(笑)
 (18874)

同じタイプの会議室がもう1つ。
 (18878)

こちらは高級感のある赤い絨毯が敷いてあり、全く印象が違います。
 (18888)

円卓の会議室もあり、椅子のデザインが独特で面白いですね!
 (18885)

こちらは主に役員会議の時などに使われるシンプルな会議室になっています。
 (18886)

代表の丹下さん越しの東京タワー。

実はこのオフィス、いたるところに丹下さんのパネルが出没するそうです(笑)
そういえば最初の会議室にもいたような・・・
.
63 件

このまとめのキュレーター

ソフトウェアテストといえばSHIFT!そのオフィスにはたくさんのこだわりが! sato