新着記事 【秋葉原・40坪】窓面多め・採光良しのセットアップオフィス 新着記事 【五反田・80坪】高級感あふれるセットアップオフィス 新着記事 【御茶ノ水・20坪】1F共用ラウンジ有!コンパクトセットアップオフィス 新着記事 【渋谷・180坪】ホワイト調!美・居抜きオフィス 新着記事 【竣工】溜池山王駅直結・赤坂グリーンクロス

蒸留所やバーダイニングまで⁉サステナブルなクラフトジンを製造・販売するエシカル・スピリッツのオフィス!

蒸留所やバーダイニングまで⁉サステナブルなクラフトジンを製造・販売するエシカル・スピリッツのオフィス!

今回取材したオフィス

エシカル・スピリッツ株式会社
エシカル・スピリッツ株式会社
  • 東京都台東区蔵前3‐9‐3臼井ビル4階
  • 28名
  • 14.79坪
  • 未活用素材を活用したクラフトジンの生産・販売。
    および上記ジンの蒸留所「東京リバーサイド蒸溜所」併設のショップ、バー&ダイニング「Stage」の運営。
  • お問い合わせ

こんにちは!なつです!

最近は暖かい日も多く春を感じますね♪

私は、桜が散る前にお花見しに行きたいです!

さて、今回取材させていただいたのはエシカル・スピリッツ株式会社さん!

【エシカル・スピリッツ株式会社とは?】
循環経済の実現を目指し、東京・蔵前を拠点に新時代のジンを生産する蒸留ベンチャーです。捨てられてしまう酒粕を再蒸留してクラフトジンを製造し、その利益から酒米を酒粕提供元の蔵元に提供されています。酒粕からジンを生産する循環型の『エシカル・ジン・プロジェクト』を運営しています。
※酒粕:日本酒の製造過程で残った搾りかすのこと。

【💡今回の取材サマリー💡】
・想いの詰まったコーポレートカラーが目を惹く執務室!
・こだわりのクラフトジンや料理を堪能できちゃうBar&Dining Stage!
・蒸留~販売まで!自社の蒸留所&オフィシャルストア!

エシカル・スピリッツさんは、1つのビル内で製造から販売までされており、今回は4階の執務室・2階のバーダイニング・1階の蒸留所を取材させていただきました!

では、早速オフィスツアースタート!

4階の執務室は、シンプルなデザイン。

中でも一際目を惹くのが、エシカルスピリッツさんのコーポレートカラーの壁!

コーポレートカラーは、「隠れた才能をステージへ」という理念とボタニカルを使用するジンの特性をイメージする緑と、エシカル(倫理的)やサステナブルをイメージする青の中間色の中から、エシカル・スピリッツさんのカルチャーや作りたい物のイメージに合ったこの色が選ばれたそうです。

ミーティングスペースは壁を作らず、開放的な空間に。

執務室の一角には、エシカルスピリッツさんが提供されているクラフトジンがディスプレイされています。

こちらの「LAST」は、お酒の精製後に残った廃棄されてしまう酒粕をリユースし生まれたクラフトジンです。

現在ある様々な種類のジンの原点であり、エシカル・スピリッツさんのスタート地点でもあります。

▽「LAST」について詳しく知りたい方はこちらをクリック▽

商品の後ろにプレートがおいてある物は、海外のコンペティションで受賞されたもの。

受賞した物は、いつ賞をいただいたのか分かるように、このようにプレートを設置しているそうです。

2階では、バーダイニング「Stage」を営業されています。

営業中はバーテンダーさんがおり、お客さまの好みに合ったエシカル・スピリッツさんが提供されているジンを使用したオリジナルカクテルや、メニューに載っていないドリンクも作ってくださるそう!

また、それぞれのジンの味わいに合わせたこだわりのご飯や、ノンアルコールジンも提供されているため、お酒が苦手な人でも楽しめるバーダイニングとなっております。

棚の下段にある実験的なラベルのついたジンは、毎月オリジナルレシピで少量生産する「ENIGMA」シリーズ。

同社のサブスク「スピリッツ・メイト」では、会員の方に毎月の新作をいち早くお届けしています。

過去には、火鍋に使用されるスパイスで香り付けしたジンや、クリスマスにはクリスマスツリーの香りがするジンを作成されたそうです。

また、ジンを楽しめるだけでなく、様々な特典までついています!

▽詳しく知りたい方はコチラをクリック▽

今回は、少しだけ1階の蒸留所にもお邪魔させていただきました!

こちらの蒸留所にてジンを自社製造されており、500ℓものジンを作ることができるそう。

取材中は蒸留中だったこともあり、ジンのとても良い香りに癒されました。

同じく1階には、エシカル・スピリッツ・オフィシャルストアがあり、

エシカル・スピリッツさんが提供されているクラフトジンを購入することが可能!

最後にご紹介するのは、屋上!

屋上にはボタニカルガーデンがあり、ハーブを栽培されています。

同じ建物内にオフィス・蒸留所・店舗がある中で、もう一工夫できそうという点に加え、ジンの残渣をコンポストできる可能性から、アーバンアグリカルチャーを取り入れられたそう。

※残渣:蒸留後、蒸留機内に残る香りが抜き取られたボタニカルのこと。

こちらで栽培されているハーブは、クラフトジンの蒸留や、2階のバーダイニング「Stage」でカクテルやお料理に使用されています。

写真提供:Stage by The Ethical Spirits & Co.

ベンチを兼ねている花壇もあり、こちらで業務をすることも可能!

辺りを見てみると…大きなスカイツリーが見えます!!

景色も良くリフレッシュにも最適な空間となっています!

いかがでしたでしょうか?

サステナブルなクラフトジンの製造から販売、更に味わうこともできちゃうエシカル・スピリッツさんのオフィスツアーでした!


一部画像:エシカル・スピリッツ様ご提供
※記事の内容は公開時のものです。

会社概要

エシカル・スピリッツ株式会社
エシカル・スピリッツ株式会社
  • https://ethicalspirits.jp/
  • 2020年2月7日
  • 未活用素材を活用したクラフトジンの生産・販売。
    および上記ジンの蒸留所「東京リバーサイド蒸溜所」併設のショップ、バー&ダイニング「Stage」の運営。
  • 【代表者名】
    CEO:山本 祐也
  • 【取材協力者名】
    COO 小野 力様