材質とデザイン。こだわり抜いたミーティングスペースで信頼を得よう!!

デザイン力が高く評価され、お客様からの信頼を得ているエンタクルグラフィックス。信頼を得るにはデザイン力だけじゃない?!代官山の閑静でお洒落な場所に佇むオフィスに行ってきました!

2016.10.4
BY sato

株式会社エンタクルグラフィックス

1F・ミーティングスペース

 (13450)

オフィスに入るとすぐに広々としたミーティングスペース!
天井もかなり高く、4mあるそうで非常に開放感があります。

お客様にとっての第一印象はミーティングスペースなので、入ってすぐの場所をミーティングスペースにして、こだわりを持ってつくり込んだそうです。
 (13452)

奥にはキッチンも!

2F・ワークスペース

 (13455)

 (13456)

すっきりしていてとても働きやすそうです。
コンクリートむき出しの無機質な内装に、木の柔らかい印象が絶妙にマッチしています。

アーロンチェアーを使用していて、長時間のデスクワークも苦にならないそうです!

3F・ワークスペース

 (13459)

 (13460)

2階と同様にすっきりとした執務スペースでした。

1階から正面が全面ガラス張りなので、自然光を取り込めるため、オフィスの中は非常に明るいです!
 (13462)

うまく写真が撮れず分かりにくくなってしまいましたが、2階と3階の執務スペースは吹き抜けになっていて、空間的に繋がってました!

お話を伺いました

 (13465)

代表取締役 プランナー/デザイナーの岩田さん(右)とWEBディレクター/デザイナーの林さん(左)のお二人にご協力していただきました!

オフィス移転の理由

前回はテラスハウスを借りていて、3階建が2棟でした。
合計6フロアあり移動が大変だったことで、それらを1つにまとめたいと思い、移転しました。
1フロアであれば一番良かったのですが、雑居ビルには入りたくないという思いがあったので...

代官山を選んだ理由

デザインの仕事をしている会社なので、住所を会社のステータスと考えました。

また、渋谷近辺には同業者も多いので業務的なつながりが増えることも期待しました。

オフィスのこだわり

落ち着いた雰囲気の中で仕事ができるように、天然の木を使用したいという思いが強かったです。

木目調のプリントでは味わえない木のぬくもりを出すために、自分で什器を作ったり、執務スペースのデスクやミーティングスペースのテーブルは全部天然の無垢材でオーダーメイドで作ってもらったりしました。

本当は執務スペースのチェアーも快適さ度外視で木で作りたかったのですが、働く人のことを考えてアーロンチェアーにしました(笑)
 (13473)

こちらの棚は代表が自ら作った棚だそうです!
とても手作りとは思えないクオリティですね。
 (13475)

オーダーメイドのテーブルに、
 (13476)

オーダーメイドのデスクと、アーロンチェアー。
.

オフィスづくりで大切にした点

目につくものは洗練することを心掛けました。

一番初めにお客様を通すミーティングスペースイメージに直結するものなので、特に意識しました。
名刺などもそうですね。

そういったことを意識していると、自然とお客様からクオリティの高い仕事をしてくれそうとハードルが上がるのですが、私たちはその期待を常に超えていけるように努力しています。
 (13481)

天井はレールや配線がむき出しでしたが、すっきりとまとまっていて、非常に洗練された印象を受けました。
名刺交換もさせていただき、名刺も特殊なものを使用しているそうで、とてもかっこよかったです!コンタクトを試みてはどうでしょうか(笑)

オフィスづくりで苦労した点

ごちゃごちゃした雰囲気を出したくなかったのですが、収納スペースが少なく、すっきりとした印象を持たせることが大変でした。

移転してからの変化

総合的に見ると、業務的な繋がり、幅が広がりました。

代官山にオフィスを構えたことで、お客様が時々立ち寄ってくれたりと、お客様との距離が近くなりました。
そして洗練されたミーティングスペースを見ていただくことで、お客様からの信頼を得ることにも繋がりました。

キッチンがあるのでランチにお客様を招くなんてこともよくあります。
 (13489)

社内の評判

オーダーメイドのデスクが広くて使いやすいそうです。
ただ、やはり収納が少ないので、そこは少し苦労しているとのこと。
代表自ら日曜大工で収納を作ってくれることを望んでいるとかいないとか(笑)

まとめ

いかがでしたか?

目につくものは洗練する。
とは言っていたものの、普段お客様の目に触れないような執務スペースやキッチンの裏など、細かな部分も洗練されているように感じました。

こういった細かな部分も意識していることも、お客様からの信頼を得ることに繋がっているのだと思います。

オフィスを通して仕事の幅が広がっていくことは素晴らしいことだと思います!
オフィスも立派な営業ツールではないでしょうか?