霞が関コモンゲート西館~新時代の霞が関のシンボルタワー!!

日本の中枢:霞が関の中央官庁の再開発として、民間のノウハウと智慧を結集した再開発が「霞が関コモンゲート」です。今後の官庁街の再開発の方向性を提案したオフィスタワーとなりました。早速その中身を見てみましょう。

2017.3.27
霞が関コモンゲート外観

霞が関コモンゲート外観

霞が関コモンゲートは東館・西館にわかれます。

西館の中層上層が民間の床です。

東館は会計検査院となっています。

写真、左側は日本初の超高層ビルの霞が関ビルです。

右側には、文部科学省が見えます。
霞が関コモンゲート オフィスフロア

霞が関コモンゲート オフィスフロア

基準階は600坪超あります。

タイルカーペットも高品質です。
霞が関コモンゲート 眺望①

霞が関コモンゲート 眺望①

南面の眺望です。

虎ノ門ヒルズや東京タワーが見えています。

霞が関は日本の中心地であることを実感します。
霞が関コモンゲート 眺望②

霞が関コモンゲート 眺望②

北面の眺望です。

霞が関の官庁街が眼前に見えます。

すさまじい耐震補強をしている状況が見えます。

今後の霞が関の庁舎は、土地の高度利用が必須でありましょう。
霞が関コモンゲート トイレ①

霞が関コモンゲート トイレ①

木目調の重厚な仕上げですね。
霞が関コモンゲート トイレ②

霞が関コモンゲート トイレ②

高級感のある木材を多用したトイレです。

年数が経っても、流行に左右されない快適性があります。

お問い合わせ

ご質問や、内覧希望など、気軽にお問合せ下さい。

ジャパン・プロパティーズ株式会社
TEL: 03-5411-7500
Mail: info@properties.co.jp
HP: http://www.properties.co.jp/