【会社と従業員が相思相愛。株式会社TOKのこだわり炸裂オフィス!】!

2022.6.22

目次

こんにちは!JP新卒ライターのおのです!

少し前ですが、関東地方が梅雨入りしました。
夏までの大きな壁、はやく乗り越えたい・・・
今日のコンディションは5です。

さて、今回取材させていただいたのは「株式会社TOK」さん!
【「株式会社TOK」とは?】
 機構部品メーカー。さまざまな製品を生み出しているほか、カスタム対応に注力しお客様にとってなくてはならないサプライヤーの道を歩んでいます。

【オフィス情報】
住所:東京都板橋区小豆沢1-17-12
坪数:1フロア当たり約216坪(全5フロア)
従業員数:164名

【💡今回の取材サマリー💡】
・1棟まるまるフリーアドレス!
・全社で取り組む「改善提案運動」とは?
・社員からの愛があふれる会社
では、早速、オフィスツアースタート!
TOKは5階建ての自社ビルに入居しており、4階からご案内いただきました。
 (23177)

わー!食堂だー-----!
TOKでは社員向けに定食と麺のどちらかが選べる日替わりメニューを用意しています。
メニューを見せていただきましたが、本当にリーズナブルで美味しそうで、毎日のランチが楽しみだろうなと感じました。

会社でも出来立ての温かいごはんが食べられるの、幸せすぎる・・・・
 (23180)

コロナ禍で出社率が非常に低いときも営業していたそう。
どんな状況でも社員に寄り添い、温かくて美味しいご飯を提供してくれます。

床と鏡張りのカウンターがユニークでおしゃれ。
 (23182)

奥にはカフェさながらのおしゃれな空間が広がっています。
現在はコロナ対策で席数を減らしての運用ですが、以前はなんと100席もあったそうです。

TOKは全階でフリーアドレス制を採用しており、このカフェフロアでももちろん業務可能。
ファミレス席や窓際の席、大きなテーブルの席などさまざまな種類の席があります。
気分転換や業務内容に合わせて席を選べるのはとても魅力的ですね。
 (23184)

青が基調の格好良いデザインと一緒に描かれている「Create New Motion」はTOKのスローガンです。
新しい動きを生み出し「”新しい価値”の提供で社会に貢献する。」という経営理念に基づいています。


お次は3階エリアへ!どんどん行きますよ~!
3階は救護室・展示室がメインのフロアとなっていました。
 (23186)

この可愛いピクトグラム、なんと社員さんがデザインされたそう!
可愛い~~~ピクトグラムを自分達でデザインするなんて珍しい!

これは、TOKが全社で取り組んでいる「改善提案制度」を通して実施されたものです。
「改善提案制度」とは、社員自らが「ここをこう改善したい!」という提案をし、それを実際に自ら改善に取り組むといった制度。

例えば、待合室にショールームの案内を設置したり、扉の固定方法を変えたり。
小さなことでも自分が気付き行動することで、会社をより良く、社員が過ごしやすい空間を自分たちの手で作り上げることができます。

昨年は提案数が1155件、そのうち793件が実際に改善されました。
1000件超えってすごい・・・しかもそのうちの約7割が実践されています。

社員自らが「会社をより良くしたい!」と思っていることが、提案数を通して伝わってきます。
 (23188)

こちらは、TOKが開発した部品を使用したデモ機の展示室。
デモ機を展示することで、部品をどのようなものに活用できるか分かりやすく伝えています。
 (23190)

みなさん、これ、何かお分かりですか?

シンキングタイム、スタート!

終了です!(早い)

正解は、自動販売機の受け取り口についている扉!

TOKの部品を使用することで扉がゆっくり閉まり、降りてきた扉で手を挟む危険を回避できます。

ほかにも、普段見慣れている便利な製品たちが多く並んでいました!
TOKが作る小さな部品が、私たちの生活の大きな役目を担ってくれているんですね。

TOKのYoutubeでは、開発した部品やそれを使用した製品について紹介しています!

https://www.youtube.com/channel/UCj88w8cIuns0hqyDMjssA6Q

おのは機械部品について全く知識がありませんが、素人目線でもとっても面白く興味深い動画ばかりで見入ってしまいました。


お次はメインの執務フロア、2階です!
 (23192)

入って正面にあるのは、カウンターのカフェスペース!
 (23194)

カウンターの真ん中には、総務の方が選んで飾ってくれる一輪挿しが。
こちらも社員の改善提案で定期的に飾ることになったものです。
華やかなお花が目につくと、気持ちがパッと明るくなりますね。
 (23196)

内側にはハイスペックのコーヒーメーカー。
いつでも出来立ての美味しいコーヒーが飲める環境ステキです・・・
 (23198)

恒例の冷蔵庫チェック!飲み物がメインですね。
 (23200)

記名されている可愛いチョコレートもありました♡
 (23202)

コーヒーメーカーと冷蔵庫の反対側には、健康優良企業の認定証が。
金の認定はとてもレアだそう!
「健康が良い仕事をする」とTOKでは考えており、健康診断の受診率など社員の健康状態に気を配っています。
 (23204)

TOKではSDGsの一環として、古い切手や古着を集めてJVC(日本国際ボランティアセンター)に送る取り組みを行っています。
送った物品はワクチンに生まれ変わるなどして、発展途上国に寄付されます。
 (23206)

奥にはこのように執務エリアが広がっています。
広々としていてとても綺麗!

ドラマの撮影で使われたこともあるそうです。
あなたもどこかで見たことがあるかも!
 (23208)

 (23209)

こちらは気軽に使えるオープンな会議スペース。

壁一面がホワイトボードになっており、スペースを有効活用しています。
 (23211)

バランス力が試されるチェアが導入されていました。
体を使うことで脳も活性化される、かも??
 (23213)

こんなユニークな形のパーテーションがありました!
簡単にたためるので、移動や収納の際に便利です。TOKで開発中だそう!


最後は1階のショールームへ。
 (23215)

部品の説明と、デモ機が綺麗に並べられています。
 (23217)

壁にはTOKの沿革や受賞歴などが並んでいます。
 (23219)

 (23220)

部品を使用したカワイイロボットと、おしゃれな受賞オブジェも!

ショールームTOKの歴史や魅力を詳しく知ることができます。



以上、TOKさんのオフィス取材でした!
 (23222)

【取材協力】
株式会社TOK
MCP事業部 IOG
秋場 潤一郎様
※撮影時のみマスクを外しています。
【株式会社TOK】

設立:1938年12月
事業:機械部品メーカー
代表取締役社長:吉川 桂介


(一部画像:株式会社TOK様ご提供)
※記事の内容は公開時のものです。