新着記事 【京橋・35坪】木目×グリーンで落ち着いた内装付きオフィス 新着記事 【赤坂・85坪】2フロアのゆったり内装・什器付きオフィス 新着記事 【麹町・100坪】会議室・mtgスペース大充実な内装付きオフィス 新着記事 【神田・45坪】駅1分の便利なフルセットアップオフィス 新着記事 【八丁堀・20坪】色使いがおしゃれな内装付きコンパクトオフィス

【青×白のオフィスカラー!Kyashのメリハリオフィス!】

【青×白のオフィスカラー!Kyashのメリハリオフィス!】

今回取材したオフィス

株式会社Kyash
株式会社Kyash
  • 東京都港区北青山1丁目2−3 青山ビル 12階
  • 127名
  • 167坪
  • デジタルウォレットアプリKyashの開発運営
  • お問い合わせ

こんにちは!JP新卒ライターのおのです!

~ブレイクアウト~

さて、今回取材させていただいたのは「株式会社Kyash」さん!

【「株式会社Kyash」とは?】
「新しいお金の文化を創る」のビジョンのもと、決済・送金・あと払いに対応したデジタルウォレットアプリ「Kyash」の開発・運営を行う、Fintechスタートアップ企業。

【💡今回の取材サマリー💡】
・オフィスカラーは青×白!
・使い道充実のフリースペース
・会議室名のポイントとは?

では、早速、オフィスツアースタート!

太陽の光を多く取り込んだ明るいオフィスが登場。

青と白がベースとなっており、オフィス全体がまとまっている雰囲気です。

Kyashでは今回のオフィスデザインのコンセプトを“Living Lab for Future Money.”としたそうです。

Kyashが考える「未来のお金のあり方」をここで実験/実装し、ユーザー体験として社内外へ発信することをイメージしたオフィス。

エントランスは壁を設けず、Kyashのロゴがはいったガラス扉を設置。

一目でKyashと分かる上に、オフィスに入った瞬間に広さを感じられます。

オープンスペースの一角に設置されているのはLaboSpace

オフィス全体のコンセプトである「Living Lab for Future Money.」を体現する、「Kyashの未来をカタチにする実験場」です。

Kyashが描くビジョンやプロダクトに関するアイデアなど、Kyashの未来について社員同士で語り合う場所として活用されています。

フリーエリアには、様々な形の什器が用意されています。

青色の什器ってこんなにあるんだ・・・!と、ちょっと感動。

こちらの丸テーブルはユニークなチェアがセット。

座り心地は抜群で、人気なチェアの一つなんだそうです。

こちらのテーブルは、卓球台にもなる優れモノ!

左下に卓球のセットが一式保管されているので、やりたい!と思ったときにすぐできるのも魅力的。

気分転換にサクっと卓球する社員さんもいるそうです。

フリーエリアの奥の方には、カウンタースペースがあります。

シルバーのカウンターチェアがおしゃれ。

ここでコーヒーなどを飲みながら気分転換したり、集まってきた人たちでコミュニケーションをとったり、リフレッシュスポットになっています。

Kyashは出社と在宅ワークのハイブリッド勤務制を採用しています。なかなか顔をあわせたり関わるタイミングが無い人とコミュニケーションをとるきっかけの場にもなりますね。

カウンターの横にはずらーーーっと本が並んだ本棚。

Kyashでは書籍購入支援制度もあり、読書文化が根付いているそう。

社員さんや代表の鷹取さんが読んだ本がこちらに保管されています。

フリーエリアを越えて進んだ窓際には、日当たりの良いソファスペースが登場です。

天気のいい日は富士山も見ることができるKyashのオフィス。

オフィスにある緑や最高の眺望に囲まれて、作業するもよし、打ち合わせするもよし、休憩するもよし。様々な使い方ができます。

フォンブースは左右どちらもガラス張りで、光が多く入ります。

左右どちらもガラス張りだと圧迫感を感じにくく、長いオンライン会議などでも過ごしやすそうですね。

会議室はどんな用途でも使いやすいように大きいものが3つ。

会議室名は偉人の名前を採用しています。

「YAYOI」という会議室名もあります。

みなさんどなたか分かりますか?

「YAYOI」は、草間彌生さんから名づけられた会議室名。

今まで会議室名には日本人の名前女性の名前も無いことに気づき、今回の移転では取り入れよう!となったそうです。

こちらは集中エリア

セキュリティ扉がありフリーエリアとしっかりと区切られているため、メリハリをつけて作業できます。

また今回の移転から代表鷹取さんの執務室を作りました。

鷹取さん用の会議室も兼ねているので、大事な来客時に会議室が足りない・・!という心配がいりません。

また、普段からなるべく会社に来るようにしているという鷹取さん。

込み入っている時以外は扉を開け、社員さんたちが社長室に来たり声掛けをしやすい環境を工夫して作り上げているそう。

こうすることで小さな疑問点やちょっとした情報共有もよくされるようになり、全体的に業務効率がアップしたそうです。

オフィスに設置されている自販機は、キャッシュのデザインが施されている特注品!

ホワイトと水色のコントラストが可愛らしいです。

以上、Kyashのオフィスでした!

※記事の内容は公開時のものです。

会社概要

株式会社Kyash
株式会社Kyash
  • 2015年1月23日
  • デジタルウォレットアプリKyashの開発運営
  • 【代表者名】
    鷹取 真一
  • 【取材協力者名】
    代表取締役社長 鷹取 真一様
    PR 今安 彩子様