カッコイイがサマになる『SmartNews』渋谷内で庭園が広がるオフィスって?!

2014年2月末に移転したばかりの『SmartNews』オフィスは、クラシックでシンプルなデザイン★庭園のような景色が見えるオフィスとは?デザインは誰が?

2015.2.24

Welcome to SmartNews!!

 (3467)

2013年9月に入居して
約1年半でスピード拡大!!
スマートニュース株式会社の2015年までのオフィス
この記事は成長を共に過ごした場所の思い出記事です

今回は移転前でお忙し中
スマートニュースの塩澤さんにお話を伺いました
☺︎{←このマークは私の気持ちをお伝えしています

Q,場所を選んだ理由は?

以前のオフィスの前だったという事と
メンバーも桜丘エリアを気に入っていたので選びました
飲食店が沢山ありますし、とても静かな環境です
アクセスも良いですし、働く環境としては素晴らしいロケーションです
 (3546)

☺︎{突撃取材、お邪魔します

 (3468)

 (3492)

ここには、おしゃれと優雅しか存在しません
天井が高くモノトーンに統一されたデザイン
照明がクールに決まっているエントランス

呼び出しボタンを押した後に、中の雰囲気が気になり少し首を伸ばして覗いてみる
『あぁ、なんて雰囲気作りを大切にしているんだ!』と息を飲むオフィス空間

☺︎{奥へ進んでもドキドキが止まらない

 (3483)

 (3482)

 (3506)

壁の仕切りがあるのはここだけで、存在する壁もガラスの間仕切り
細かく感想を言わせていただくと、ここのガラスの間仕切りがなければ、部屋全体がオープンスペースすぎるとボケてしまう
廊下、会議室、通路。この関係は、空間のメリハリとして必要な関係性

☺︎{壁一面に広がる景色に吸い寄せられる

 (3485)

 (3470)

メイセイビルディング2階の最大の魅力はやはり窓一面に広がる軽井沢のような景色。オフィスを包みこむ、最高のフロア。全くストレスを感じない、ここは本当に渋谷の中心なのか?

Q,物件を決めた理由は?

何と言っても、窓一面に飛び込んでくる緑が魅力的でした。柔らかく差し込む光がとても気持ちが良く、弊社のシンボルにもなっています。お客様からもよく褒められる、自慢のオフィスです

☺︎{スマートニュースを散策しよう

 (3551)

 (3473)

 (3552)

 (3550)

 (3553)

 (3554)

 (3555)

こんな素敵なオフィスなら、快適で効率の良い1日の過ごし方を提案できそう♫
観葉植物を所々に起き、CUTEなマスコットのスパイスが効いています!

Q,素敵なオフィスをデザインしたのは?

オフィス全体のディレクションは
ボタニカルデザイナーの『江原理恵』さん

Q,デザインテーマは?

 (3559)

『クリエイティビティ―が刺激されながらリラックスもできる空間』家具も一部古材を用い、新しいオフィスの中にも懐かしさや、古めかしさがある空間に仕上げています

Q,こだわりは?

 (3560)

一部照明器具が自社のアプリ「SmartNews」のタブ色と連動して、変化したり遊び心の中にもコーポレートカラーがしっかり落とし込まれたオフィスにしました

☺︎{いい気分でお腹を満たす魔法を発見!

 (3510)

 (3509)

 (3511)

 (3512)

お菓子の置き方にしても、目で見て楽しめるのが良いリフレッシュになりますね
ピーナッツにはひとつひとつ絵が書かれている♪SOYJOYだって可愛くスタンディング♪
気分に合わせて選べるように、コメントなんて・・・
気遣いに愛情が溢れている!

Q,ハンモックの使い心地は?

 (3476)

 (3477)

 (3561)

土足厳禁の部屋には、ハンモックやバランスボールを用意したり
ファミレスのようなBOXソファーを用意したりそれぞれが寛ぎながら働ける空間を作っています
天井はスケルトン天井に白い塗装
床は落ち着くような色のタイルカーペットを導入

壁面や柱をホワイトボードペイントで仕上げ、いつでもどこでもミーティングやアイデアを書き留める仕掛けがちりばめられています

☺︎{ゆとりのあるワークスペース!

 (3518)

 (3562)

スタッフ各自のデスクのほか
フリースペースも含めて1人あたりの占有面積は広めにとりました

オフィス行ってきたまとめ★

景観を大事に考えている企業には、とても気にっていただけるようなオフィス♫
スマートニュース株式会社はゆとりのあるスペースを重要視しているようで
落ち着いたリラックスした空間で作業をしている印象でした♫

次は5月に完成予定の新オフィスへ取材にいく予定です!
次回もお楽しみに!!