株式会社ウリドキネットはリユース業界への挑戦者!?!

五反田駅から徒歩約6分!コンパクトなオフィスですが、そこには圧迫感を感じさせずに空間を区切る秘密がありました!

2016.11.8
BY sato

株式会社ウリドキネット

買い取り価格が比較できる日本最大級のプラットフォームサイト、「ウリドキ」の開発、運営を行っている会社です。

あなたのお部屋、モノが溢れてごちゃごちゃしていませんか?
モノを売りたい方はコチラからどうぞ!

打ち合わせスペース

 (14084)

 (14085)

木の仕切りは自分たちで作ったそうです!

社内の風通しをよくしたいとのことから、完全には仕切っていないとのことです。
 (14132)

コーポレートカラーの緑と青の壁紙。

こちらの絵は、ウリドキスタッフや株主の方たち皆で描いたものだそうです。

執務スペース

 (14087)

 (14088)

部署ごとに分けてしまうと、どうしても接点がなくなってしまう人たちが出てきてしまうので、フリーアドレス制を採用し、コミュニケーションの促進を図っているそうです。

お話を伺いました

 (14126)

代表取締役CEOの木暮さんにご協力いただきました!

オフィス選びの条件は?

立地と坪単価、閉塞感のない空間であるかどうかです。

立地に関しては、最近ベンチャー企業が多く集まっている五反田周辺を中心に見ていました。

オフィス選びで苦労した点は?

特にありません(笑)

物件を見たのも現在のオフィスのみで、安さと交通の便を考えて即決しました。
去年の12月に移転を考えてから、今年の1月に移転を完了しました。

内装について

自分たちで仕切りを設けたりしました。

木材を購入し、切ったり塗装したりして、簡易的な仕切りを設けました。

その仕切りには漫画やフィギュアなどがディスプレイされていますが、自社サイトでこういったものを扱っていますよ、ということを表しています。
 (14136)

 (14137)

コーポレートカラーに意味はありますか?

コーポレートカラーは緑と青です。

緑は「エコ」、青は「挑戦者」ということを表しています。

ボクシングなどでも赤コーナーがチャンピオンで、青コーナーは挑戦者という形なので、自社のサービスでリユース業界へと挑戦するという想いを込めています。

こだわりはありますか?

執務スペース側に向かってスピーカーを設置しているという点です。
 (14334)

これは執務スペースとミーティングスペースを感覚的に区切るためです。
また、打ち合わせの内容をあまり意識させないようにする効果もあります。

移転してからの変化は?

前回はミーティングスペースが狭く1室しかなかったため、きちんと形式を決めてから会議をしなければならないという状態で、無駄な時間も結構ありました。

移転してからは部屋を作らずに、オープンなミーティングスペースを作ったことでこまめに打ち合わせをすることができるようになり、効率が良くなりました。

また、あまり仕切られておらず開放感も上がり、お互いの顔が見えるようになったので、業務にもいい影響が出てると思います。

まとめ

いかがでしたか?

ディ◯ニーランドでもエリアごとの境を、水の音や音楽によって区切っていると聞いたことがあります。

スピーカーを使って感覚的に区切りをつけるやり方は、仕切りを設けるとオフィスが狭くなってしまったり、圧迫感を出したくないという人にとっては、結構オススメしたいものです!