不動産市場に関わる全ての人に『いい生活』を。いいオフィスの勝敗は差し色使いにあり♪!

港区南麻布にある東京オフィスの後に、そのまま大阪グランフロントタワーのオフィスにも突撃取材!『株式会社いい生活』にはスタッフが心地よく作業出来るように沢山の工夫がありました♪

2015.5.13

美人スタッフお出迎え♪

 (6775)

東京オフィスがリニューアルしていたので
取材に伺ってきました♪

現在のオフィスは、居抜きで引き継ぎ。
造作などを続けて約8年ほど利用。
上場のタイミングで移転してきたそうです。
リニューアルしたオフィスを早速ご紹介致します♪

こちらのビルを選んだ理由は?

以前はフロアが分かれていたので、
次はワンフロアでスタッフが多く収容できる場所が
良いと考えていました。
以前は赤羽橋だったので同じ港区でオフィスを検討。
こちらの物件は、什器もそのまま引き継げる事が出来たのも決めた理由にもなります。

明るい配色には理由があった!

 (6782)

 (6783)

 (6864)

多様な組み合わせがあることで慣れない環境にし、
自己の想像性が高まるとように考えられたデザイン!
今まで、モノトーンの組み合わせをしていたので、
カラフルにすることで明るいイメージにしたかったそうです♪
視覚が華やかだと、気分も上がりますよね♪

とにかく広いワークスペース

 (6774)

 (6772)

 (6784)

フロアが広いのでコーナースペースに広がる、ワークスペース。什器は綺麗に使っているものは継続して利用しているが、今回のリニューアルをきっかけに改装を入れて、スタッフが座る椅子は居心地が良いように、Baronの椅子を採用!今まではブルーだったので緑に変えただけでも、オフィスの雰囲気は明るくなったそうです。ライムグリーンにも強いこだわりもあるとか!見た目だけでなく居心地も改善したリニューアルには愛情を感じますね♡

美人デスクもありました♡

 (7012)

 (7013)

 (7014)

それぞれ個性が出たデスク。
加湿器を置いている美意識の高い女性スタッフや
自分の趣味コレクションを可愛く飾っているデスクなど様々!
好きなものに囲まれていると仕事もはかどりますよね♪
美人が多い理由もここにあるかもしれません!

副社長の北澤さんの席を覗いてみた♪

 (7147)

 (7148)

ご本人は不在だったので席だけ覗きました♪
細かな所まで見ると面白いアイテムも多々あり
好きな物に囲まれている印象のデスク!
美意識も高いので合間にトレーニングも出来るように、
デスク裏には重量バーベルも!

オフィス改装で、工夫した点は?

 (6786)

 (6787)

 (6778)

 (7150)

リフレッシュルームは、人それぞれの座り方に合わせれるように
カウンター席や、可変式のデスクなど新たに工夫したようです。
新しくファミレスシートも追加!
休憩スペースを増やしたいと今回は提案したようで、
その中でMTGルームは丸テーブルだと、
コミニュケーションが円滑になると考えたそうです。
効果は実感できるほど利用頻度も高まったそうですよ!

アイスもあるよ♡

 (6791)

 (7016)

 (6792)

100円でいつでも買えるようになっており、アイスはいつでも常備されています。こんなに種類豊富に用意されているのは初めて見ました♪これからの季節、重宝されますね♪

共用部も一緒にリニューアル

 (6789)

 (7102)

共用部は古いままのカーペットだったそうですが、
オーナーに承諾を受け、室内と同じ色に新しく張り替え!
共用部が変わっただけで、オフィスの雰囲気もさらに良くなったようです。

引き継いだままの会議室

 (6859)

 (7103)

 (7104)

 (7105)

会議室は居抜きで引き継いだままを利用しているとの事。
各部屋には星座のネーミングを取り入れて柔らかい印象に♪
大会議室から、ソファ席まで多目的に利用しやすい会議室。

仮眠スペースも用意

 (7108)

 (7109)

4つの仮眠スペースを用意しており、一つは女性専用。
グループウェアで予約状況を確認できますので、
空いていれば誰でも利用できるそうです。
ちょっと疲れたときなどひと休みできて、
リフレッシュできそうですね♪

大阪オフィスも行ってきたよ!

 (7114)

新しくグランフロントに移転をした大阪オフィス。
白とネイビーを基調にしたオフィスも素敵だが、
このビルのクオリティは大阪一の場所と言われています。
どんなビルか調べてみましょう!

大阪最後の一等地と呼ばれる”うめきた”

なんと低層にある店舗数は266!

一日に250万人が利用する大阪駅・梅田駅北側の再開発エリアで、
通称"大阪最後の一等地"といわれる「うめきた」
総面積約24haのうち約7haのエリアに立地している。
大阪駅のある南側から順に南館(タワーA)北館(タワーB・タワーC)で分かれており、ショッピングモールやレストラン・カフェ、オフィス、ホテル、コンベンション・センター、劇場、超高層マンションから構成されている。

オフィス下には人気の洋菓子店も!

 (7117)

一階のフロアには大阪で大人気の洋菓子店で
常に行列が絶えないキルフェボンの店舗があります。
その上にあるグランフロント大阪タワーA
14階に向けて早速行ってみましょう♪

オフィスタワーのエントランス

 (7119)

 (7120)

 (7121)

エントランスを超え、巨大なエレベーターホールを上がります!

フロアに到着!

 (7123)

 (7124)

真っ白に続く通路を進み、
株式会社いい生活 大阪オフィスが位置する場所へ進みます。

室内の様子

 (7127)

 (7128)

 (7142)

 (7132)

配色をシンプルに抑えられている室内。黒猫の招き猫もお出迎えして頂きました♪
東京オフィスと同じように、丸テーブルで作られたMTGスペース。
メンバーがすぐに集まる事が出来るので、こちらでも利便性も良いそうです。

オフィスから見える景色

 (7129)

 (7130)

窓から見える景色は大阪の都心を一望する事が出来ます。
向かい側のビルもオフィスタワーで一階はショッピングモール。

セミナールームも用意

 (7144)

 (7145)

ワークスペースの隣にはセミナールームと会議室が用意されており、厳重なドアでスペースを分けているので外部の声も作業の妨げにならないようになっています。

東京オフィスとの統一を目的に

 (7176)

 (7177)

上の写真は東京オフィス。見ていて分かるように、大阪オフィスは作業環境が変わっても、その場所にすぐに馴染めるように統一されたオフィスデザインにされています。

取材をして気づく面白い発見!

大阪オフィスは、大きな窓から見える一等地の景色が素晴らしいですが、東京オフィスの窓からは、高級車のランボルギーニが並んでいるのでどちらのオフィスも窓から見える景色は感性を刺激しながら、仕事に対しての活力スイッチを加速されるように考えているのではないと思える発見がありました。時代の波にしっかり乗り今も勝ち続けているいい生活は、今後も期待が高まります!その他にも、名古屋支店、福岡支店がありますのでそちらの共通点も見ていきたいです♪
ご協力ありがとうございました!