最初に飛びこむ勇敢な企業“株式会社ファーストペンギン”に行っていきました!

代々木駅から徒歩わずか!リスクを恐れず飛び込み、誰よりも早く。そんなスピリットを持つ企業を目指す、株式会社ファーストペンギンに取材に行ってきました!

2019.2.1
BY sato

株式会社ファーストペンギン

エントランス

 (20917)

 (20918)

シックな雰囲気のエントランス。

グレーの背景にシルバーのロゴが映えますね。
 (20922)

 (20920)

エントランスに向かって左側にはそのまま打ち合わせができるファミレスのような設えのミーティングスペース、その名も「かまくら」。

会議室

 (20924)

会議室はエントランス向かって右側にあります。
 (20926)

こちらはソファが用意された応接室。
 (20928)

こちらは一般的な会議室といった感じ。
 (20930)

一番奥には大会議室もあります。

リフレッシュルーム

 (20961)

 (20934)

 (20965)

こちらがリフレッシュスペースになっていて、VRゲーム機やプチローソンなど、息抜きにちょうどいい設備が揃っています。

執務エリア

 (20962)

セキュリティの関係上入り口からの撮影になりますが、ブルーの壁紙が落ち着いた印象を与えてくれます。
 (20963)

柱は4面ホワイトボードになっていて、掲示物を貼ったり、アイディアを書き出したりすることができます。

お話を伺いました!

 (20943)

コーポレート本部/人事部,副部長,新規事業開発部,副部長兼務の岩崎政典さん(左)と 、コーポレート本部/総務部,総務課,課長代理の神尾美加さん(右)にご協力いただきました!

オフィス移転の理由は?

以前オフィスのあった渋谷のビルが手狭になったことと、ビルの建て替え工事の時期も重なったため移転することにいたしました。

オフィス選びの条件は?

100人位がワンフロアで入れ、交通アクセスの良いところでオフィスを探しました。

それに加え、渋谷時代は業務終了後に疲弊した後も、溢れた人を避けて帰宅することがストレスになると思い、渋谷近辺でスムーズに駅まで帰れるエリアにしようと考えました。

今は代々木駅のほぼ真上なので全くストレスを感じないですね。

オフィス移転で大変だったことは?

建て替え工事の日程が決まっていたため、移転までのスケジュールがかなりタイトだった事です。
業者との調整等、色々とスケジュールに追われて大変でした。

オフィスのテーマは?

明確なテーマを設けた訳ではありません。
ただ、複数のデザイン会社にコンペをお願いしたのですが、テーマは「ワクワクするオフィス」とだけ伝えています。

オフィスづくりで大切にした点は?

社員の意見を取り込む事を大切にしました。

オフィスで過ごす時間は一日の中の大半を占めるので、気持ちよく仕事をしてもらいたいと思っています。
そのため、上の判断だけで決めないようにしています。

執務エリアや会議室以外にどんなスペースが必要か意見を聞いて、実際にオンオフが切り替えられるリフレッシュルームや、会議室を取るほどでもない打ち合わせなどができるファミレス席などを作ったりしています。

オフィスづくりで苦労した点は?

提案内容が何度か変更はあったものの、デザイン会社と私たちのイメージが一致していたため、割とスムーズに進められたと思います。

移転してからの変化は?

以前は閉鎖的な会議室しか打ち合わせをする場所がありませんでした。
新オフィスでは、執務エリア内・外両方にちょっとしたオープンスペースを作ったり、柱をホワイトボードにしたことにより、場所を問わずいろいろな場所でミーティングができ、以前よりもオフィスに活気が出ています。

また、執務エリアへの入り口は、エントランス側と、リフレッシュルームを通る2ヶ所設置しているのですが、あえてリフレッシュルームを通るように設計しているため、すれ違いざまに新たなコミュニケーションが生まれたりもします。

来社するお客様の評判もよく、採用にもいい影響が出ていると感じます。

ありがとうございました!

東京都渋谷区代々木1-35-4
代々木クリスタルビル5階