少数精鋭で「より多くの人にキズキを」企業の色全開のおしゃれオフィス!!

赤坂見附駅から徒歩わずか2分!視野を広げていい居抜き物件をゲットしたという、株式会社プラスクラスに取材に行ってきました!

2016.10.20
BY sato

株式会社プラスクラス

ミーティングスペース

 (13706)

黒を基調としたオフィス家具に、ワンポイントの赤がよく映えてかっこいいですね!

ここでひときわ目を惹くのがこちら!
 (13708)

伝説的なNBAプレイヤー、マイケル・ジョーダンの直筆サイン入りポスター!

かなり大きく、このために額縁はオーダーで専用のものを作ってもらったそうです。

バスケ好きなら、喉から手が出るほどの代物であることは確かです。
とても迫力がありかっこよかったです!

ワークスペース

 (13711)

 (13846)

こちらのオフィスは居抜きで入居し、オフィス家具はすべてIKEAで揃えたそうです。

コストを抑えてはいますが、統一感が出るよう色などを揃え、スタイリッシュなものを選択しているため、チープな印象を受けることはありませんでした!

共用部

 (13714)

 (13715)

かなり綺麗なトイレです!
2つ完備!
 (13717)

シャワーなんかもあります!
 (13719)

そしてこの共用部はあまり目立たないように、
 (13721)

完全に隠れています!
空間の魅力を損なうことがありませんね。
 (13743)

バルコニーなんかも。
喫煙者には嬉しいですね!

お話を伺いました!

 (13724)

代表取締役の平地大樹さんにご協力していただきました!

オフィス移転の理由

渋谷の打ち合わせスペースもない6畳くらいの部屋で起業しましたが、人数も少しずつ増え、打ち合わせスペースもないと困るので、現在の永田町に移転しました。

なぜ渋谷から永田町へ?

渋谷が好きで、本当は渋谷の中で移転をしたかったです。

渋谷では3ヶ月以上物件を探していましたが、条件に合うところがなかなか見つかりませんでした。
そこで不動産屋さんに、一度渋谷から離れましょう、という提案を受け、現在の場所を見たらすぐに気に入って決めてしまいました。

閑静な場所で警察も近くて治安も良く、交通の便も悪くない。
結果的に渋谷から離れてよかったかもしれません(笑)

オフィス選びの条件

条件としては、広さやキレイかどうか、泊まることもあったりするので、シャワーが付いてるかという点もありましたが、一番はトイレが2つあるかどうかでした。

トイレが1つしかないと、どうしても非生産的になってしまうので、そこだけは譲れなかったです。

居抜きでここに入ったのですが、内覧をしたときに、内装の状態と、自分の作り上げたいオフィスのイメージが完璧にマッチしました。

内装について

居抜きなので、手を加えることがほとんどなく、費用を大幅に抑えることができました。

オフィス家具もイケアで揃え、費用は抑えましたが、なるべく見栄えのいいスタイリッシュなものを選択しています。

オフィスづくりで大切にした点

白、黒、赤で揃え、統一感が出るように意識しています。
NBAのチームのシカゴ・ブルズのチームカラーが由来です。

また、バスケットボールをメインにスポーツ事業も展開しているので、グッズなどを飾っておしゃれに見えるようにしています。
 (13741)

 (13742)

移転してからの変化

広くなった分、気持ちにも余裕ができ、居心地も良くなりました。

スペースはまだ少し余裕がありますが、あまり人数を増やしていく予定はありません。
あくまで、「少数精鋭」でありたいと思っています。

人が増えるとその分コストが増えてしまいます。
成果を最大限みんなと給与やボーナスという形で分かち合いたいという想いがあるので、少ない方がいいと思っています。
 (13747)

こちらは、入社順に写真が飾られています。
少人数だからこそ、社員をとても大切にしているということがよく伝わってきます。

まとめ

いかがでしたか?

スポーツへの愛が溢れるオフィスとなっていました!

企業の色や、事業の特徴を前面に出したオフィスづくりもとても素敵ですね!

それでいて居抜きで入居し、コストも大幅に削減できています。
居抜きでここまで自分の作り上げたいイメージがマッチすることも少ないですが、運命的な出会いもあるかもしれません!

皆さんも是非、居抜きという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?